<   2015年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧
とろ~り、梅蘭やきそば
d0024291_19598100.jpg

鍋肌に卵を流し入れ麺の片面をパリパリに焼いた梅蘭やきそば




d0024291_19592292.jpg

バリパリの麺を切ってみるとあんかけ焼きそばを裏返したようで牛肉の入ったあんがとろ~り。





横浜中華街 「 梅蘭 」 がイオンモール東久留米に2年前だったかオープンして間もなくの画像です。

横浜中華街では何度も気になってはいたけれど入らずじまい、いつかと思っていました。

開店の混雑が過ぎたくらいでしょうか、念願の梅蘭焼きそばを食べ満足したのでした。



カテゴリの 「 美味しいもの 」 が連日ですね。

食いしん坊は過去の画像見て無理やり満足させていますが本当はもっと美味しいものが食べたい!
by tama.3photo | 2015-02-24 09:00 | 美味しいもの
遠く目を凝らせば
d0024291_18223812.jpg

画像の上部、3分の1ぐらいに真っ白な富士山が鎮座しているですがぼやけて分かるかしら。

あまりにも荒れた画像ですが富士山に会いたくて。





都庁の無料展望台、お天気がいいと病院帰りに時々寄り道。

この日は晴れてはいても遠く霞んでいました。

それでも都心方面は十分に見えてのですが遠く富士山の方向の丹沢方面は霞んでぼやけていました。

諦めきれずじっと見ていると遠く遠く小さく丹沢の上に見えるではありませんか。

肉眼で見えるということはズームにすれば大きく写るのではとカメラのモニターを見てもどこが富士山だか・・・。

パソコンで拡大しコントラストや明るさを調整してやっとぼんやりと富士山が見えてきました。

人間の目って凄いですね、老眼なのにカメラより性能いいなんて。

みなさんには真っ白い富士山は見えましたか。
by tama.3photo | 2015-02-23 17:00 | 街歩き 新宿と周辺
ヒヨドリ壁墓地でまったり
d0024291_10355298.jpg

人の気配に動じる事なくじっとたたずむヒヨドリ。



d0024291_103602.jpg

なにか考えごとでもしているようなヒヨドリ。





「 ピ~ヨ、 ピ~ヨ 」 と忙しなく鳴くヒヨドリの騒々しさを知っているだけに気になる落ち着き、怪我でもした?

2012年2月20日撮影
by tama.3photo | 2015-02-23 09:00 | 鳥たち
ハツユキカズラの実が弾けて
d0024291_102654100.jpg

冬はこんなあせた色ですが、新芽は白くなるので初雪蔓、字の通りです。




d0024291_10271059.jpg

この年は初めて実り放っておいたら鞘が弾けて白い綿毛が出ていました。




ハツユキカズラはマメ科、ベランダの支柱に絡まって成長しています。

この年は刈り込まず放っておいたらインゲンのような鞘が出来ていました。

私にとってはかなり珍しいのですが、皆さんは見たことがありますか?

2012年02月13日撮影

2008年7月16日の記事、白い葉の < ハツユキカズラ ( 初雪蔓 ) > もどうぞ
by tama.3photo | 2015-02-22 17:00 | 庭の花
寒くてお蕎麦屋さんへ
d0024291_9452039.jpg

五日市街道を昭島からの帰り、お腹がすきちょっとこのへんでは名の知れたお蕎麦屋さんへ。

お昼時は駐車場が満杯、並んで待つそう。



d0024291_9453931.jpg

私は寒かったのでたぬき蕎麦、ちょっと少なめのお蕎麦に「え、~これだけ?」

夕飯にはかなり早かったので軽くのつもりで頼んだけれど・・。

主人のザルも上品にこんもり、せめてもう2割は欲しかったなあ~。

天ぷらでも付ければよかったかな・・。

確かにこだわりのお蕎麦は美味しかったけれど私にはちょっと量が上品すぎたかな。

やはり途中でお腹がすき何か買って帰った記憶があります。





たががお蕎麦されどお蕎麦、こだわれば産地を特定しひきたて打ち立てを提供するお蕎麦屋さん。

手間やコストがかかりお値段が高くなっても当然なんでしょう。

そんなこだわりもなんのその、腹ペコの我々は味わう暇もなくお腹の中へ。

こんなお客はファミレスでも入ればいいのかもね。

2010年2月22日撮影 5年前のちょうどこの日でした。
by tama.3photo | 2015-02-22 09:00 | 美味しいもの
浅間山の夕暮れ
d0024291_9282280.jpg

多磨霊園に隣接する浅間山公園、お山の向こうに日が沈み赤く染めていました。




d0024291_9283955.jpg

木々のシルエットが赤い空を強調しているようです。

こんな遅くまで墓地にいたのは初めて、お山と霊園は橋で繋がっています。

薄暗いお山や墓地はねえ・・・、と慌てて橋を渡りお山の麓に留めた車に乗り帰りました。


2009年2月撮影
by tama.3photo | 2015-02-21 17:00 |
具だくさのきのこ汁
d0024291_8494673.jpg

根菜類をたくさん入れて醤油味に仕立てたキノコ汁。

我が家では大根などが冷蔵庫で眠っていると豚汁やけんちん汁に変身。

これだけでお腹がいっぱいになりますね。


2009年2月撮影
by tama.3photo | 2015-02-21 09:00 | 美味しいもの
白梅、見頃
d0024291_9192479.jpg

手入れのいい庭木の中でも一際目立つ白梅。

梅は強く刈り込んでも花芽の付く枝を伸ばします。

桜とは対照的、だから 「 桜切るバカ、梅切らぬバカ 」 なんて教えもあるくらいなんですね。


2014年2月撮影
by tama.3photo | 2015-02-20 20:00 | 散歩
丸ビルと新丸ビル
d0024291_8365931.jpg

東京駅の真正面、左右に建つ丸ビルと新丸ビル。

この建物は外観を切り取り往時の面影を残す工法が採られています。

見上げれば近代的なビルも街路を歩けばしっとりとした街に変わるこの工法。

明治村のように往時の建物をそっくり残すことはもう難しいのでしょう。

丸の内には美しい建物、歴史的に貴重な建物がいっぱい、近代的で美しい街並みに変わるのももう少し。


2014年2月撮影
by tama.3photo | 2015-02-20 10:05 | 街歩き
東京銀行協会ビル
d0024291_21172344.jpg

丸の内の和田倉濠に面した赤レンガの建物。

このような保存方法をこの前後から見られるようになって10年余り。

耐震性を考えれば表面だけを剥ぎ取った工法も仕方のない時代の流れ。

現役だった頃の内部が見てみたかった気がしますが、お堅い銀行協会に入れるはずもなかったでしょうね。





2014年2月の今頃撮った画像です。

以下、「千代田区観光協会」から抜粋記事です。

 大正5年に建てられた煉瓦造の二階建ての外壁のうち、2面を残し内側に新築のビルが建てられました。「ファサード保存」と呼ばれる保存形式の代表的な建築です。新築のビルは平成5年に建てられ、この前後、このような形での保存が全国各地に見られるようになりました。
煉瓦造の外壁から、丸の内界隈が「1丁ロンドン」と呼ばれた頃をうかがい知ることができます。
by tama.3photo | 2015-02-20 10:00 | 街歩き