<< 地獄を覗いて見れば 黄金色に輝く銀杏並木 >>
紅葉と落ち葉掃き
d0024291_1201348.jpg

公園の紅葉や黄葉に感嘆していたけれど、我が家に目を転じれば 「 ハナミズキ 」 が紅葉真っ盛り。

花芽もびっしりついています。




d0024291_1225433.jpg

ぐっと赤みを増した 「 ニシキギ 」 、今年は色づきが悪いかもと思っていたらうれしい誤算!




d0024291_123799.jpg

紅葉はせず汚く散っていく 「 サンシュユ 」 に真っ赤な実、葉が全部落ちると小鳥たちのご馳走です。




d0024291_1252560.jpg

「 センリョウ 」 もこれだけ実がなればお正月飾りにも困らない。

ずっと前にお正月生け花の実を蒔いたら大増殖中!





紅葉は街中までやって来て公園はどこも 「錦織りなす」 な状態、週明けにはほとんど散ってしまうんでしょうね。

我が家の最後の紅葉はハナミズキとニシキギ、これが散れば淋しい庭に変ってしまいます。

そして毎日のようにハラハラと散っては吹き溜まりにごっそり、掃いても掃いても減らない落ち葉です。

( 北隣の大きなお庭の葉っぱも大量にやってくるのもあり北風が吹くと・・・・ちょっとね! )

庭に穴を掘り土を掛けているんですが次の日にはまたごっそり、あっはは~・・いたちごっこですね・・・。

お隣の名誉のために付け加えると 「いつもすいません」 とご挨拶はあるんですよ。

まあ、お互い様ですものね。



ところで以前はお庭で落ち葉炊きなんてことしてお芋を焼いて食べる、秋の風物詩でしたよね。

実は私が住む市は確か条例で焚き火が出来ないのです。

ダイオキシンの関係でしょうね。

それにお互いに軒を接した住宅街では火事の心配もあることですし、煙くてご近所迷惑には違いありません。

実際に苦情はあるようです。

そうは言っても農家などが畑で炊いているのを時々見かけるのは条例があまり知られていないのか、

それとも大目に見ているのかなのでしょうね。
by tama.3photo | 2007-12-07 13:05 | 庭の花
<< 地獄を覗いて見れば 黄金色に輝く銀杏並木 >>