<< 江戸天下祭 紅白・華の饗宴 >>
天界に咲く花
d0024291_22373945.jpg

どこまでも続く紅き華、彼岸花と呼ばず天界に咲く 「 曼珠沙華 」 が相応しいように思います。




d0024291_2238467.jpg

巾着田は日本一の彼岸花 ( 曼珠沙華 ) の群生地です。




d0024291_22523973.jpg

高麗川の蛇行が長い年月をかけて巾着のような形になり、その内側が田畑に利用されてきました。




d0024291_2253614.jpg

河川の増水時に上流から流れてきた球根が、漂着し根付いたと考えられるそうなのです。




d0024291_22532428.jpg





d0024291_22534084.jpg

早咲きエリアはほぼ満開、紅い花の海が広がります。




d0024291_22535479.jpg

遅咲きエリアは25日でもこの状態、まだまだ楽しめますね。





撮影 2007.09.25 埼玉県日高市 < 巾着田




曼珠沙華はサンスクリット語で天界に咲く花。

おめでたいことが起こる兆しに赤い花が天から降ってくる、という仏教の経典から来ています。

と、 「 All About 」 では解説しています。

また、 「All About 」 の続きには、

彼岸花にはアルカロイドという毒があるため、 「 毒花 」 「 しびれ花 」 などと呼ばれ・・・。

などなど、その他にもかなり嫌な呼び名もあるようで・・・。

怖い名前は聞いただけでドキっとしますよね、こんな名前は聞かなかったことにしましょう。

やはり 「 曼珠沙華 」 のこの世のものとも思えない美しさ、天界の花が一番いいのではないかしら。


★ 前日のエントリ、 < 紅白・華の饗宴 > の続きです。
by tama.3photo | 2007-09-27 23:22 | お出かけ
<< 江戸天下祭 紅白・華の饗宴 >>