<< 成田祇園会2006  今日から百日紅が咲きました >>
入谷朝顔市 2006
d0024291_8381533.jpg

今年は渋めの色が好まれているようで茶色がかった 「 団十郎 」 なんて品種もありました。





d0024291_839998.jpg

境内と言問通りには毎年7月7日から9日まで市が立ち行灯仕立ての朝顔が売られています。




d0024291_8392092.jpg

威勢のいいおじさんに 「 いいものは早い者勝ち 」 なんて声を掛けられ立ち止まるお客さん。




d0024291_8393366.jpg

可愛い売り子さんもいましたよ。




d0024291_8395172.jpg

そしてこんな異色な売り子さんも、もちろん達者な日本語です。




朝顔も品種改良が進み色の違いはもちろん大輪から小さなもの、星形、宿根朝顔と様々。

咲いた花が少なく華やかさに欠けるのはこれからたくさん咲いてもらうから。

買ったときに花盛りではしょうがないですよね。




d0024291_852111.jpg

発車を待つ始発駅、日が差して暑かったからお疲れモードなのでしょう。





恐れ入谷の鬼子母神って知ってますか?

 
江戸っ子が好んで使った 「 恐れ入りやした 」 に掛けたダジャレです。

ついでに 「 その手は桑名の焼きハマグリ 」 なんていうのもありましたね。

その入谷の鬼子母神とは、JR山の手線鶯谷駅近くの入谷鬼子母神 ( 真源寺 ) のこと。
by tama.3photo | 2006-07-11 08:52 | イベントと祭り
<< 成田祇園会2006  今日から百日紅が咲きました >>