<< 穏やかな午後の陽 水面の秋模様 >>
初めての東京競馬場
d0024291_2252793.jpg

初めてのレース観戦、実際に見る馬たちは精悍ですね。




d0024291_22521470.jpg

大型スクリーンの方がレース展開や着順が分かっても、生で見るのは臨場感があります。




d0024291_2252239.jpg

レースの合間は馬場の手入れ、疾走した馬の蹄で荒れた芝生を直しているようです。

1頭が数千万や1億もする馬たち、めくれた芝に足を掛けて怪我すれば進退問題にもなるのでしょう。




d0024291_22523296.jpg

レース前には次回出場の馬たちが引き綱でくるくると何周もしています。

なんで回っているのか気になっていたら、後ろにいたおじさんが教えてくれました。

馬の仕上がりを見てレースの予想をするのだけれど、ほとんどの人には分からないらしい。

それよりも馬のウォーミングアップが主、体を温め筋肉をほぐし怪我をしないためなんですって!




d0024291_22524650.jpg

この11番レースのためにどのくらいの人が集まったのか。

いままで何とか撮れていたけれど立錐の余地もない場内、

人波に圧倒され、馬場は人垣に遮られ、大型スクリーンさえも見えません。

なので私一人だけが馬場に背を向け、レースに夢中な人たちばかり撮っていました。




d0024291_22525538.jpg

ゴールした瞬間の観客席、この後は競馬新聞が上空から降ってくるのです。

"JAPAN CUP" は地鳴りのような歓声に圧倒されっぱなし、どの顔もアドレナリンが大量放出!





競馬が初めてな夫婦は買い方も分からず、結局馬券を買わずじまい。

一応新聞は買ったけれど、チェックする鉛筆も持たず、

マークシートに記入して券売機に通すことは分かったけれど、何をどう書いていいのやら・・・。

レースにはのめり込めなかったけれど、雰囲気はたっぷり味わってきたのでした。

私、レースはともかくもう一度迫力ある馬の写真が撮りたいわあ~!




乗馬クラブを見学した時の記事がありました。

2006.08.04 < 茨城へちょっとお出かけ・3 > もどうぞ
by tama.3photo | 2012-11-25 23:38 | イベントと祭り
<< 穏やかな午後の陽 水面の秋模様 >>