<< 新宿中央公園の赤い実 晩秋の奥多摩湖と野猿 >>
山里の味覚
d0024291_22302384.jpg

手打ちそばと共に食べた山の野菜の天ぷら、楓の天ぷらが乗っています。

楓そのものに味は感じられないけれど目で季節を楽しめますね。



d0024291_22304815.jpg

道の駅では新鮮な地元野菜。

「 けっくらかし 」 、煮物に適した大根の名前なんだけど面白いなあっと買ってきました。

「 けっくらかす 」 とはこの地方の言葉で 「 蹴飛ばす 」の意味 、

丸く根が浅いので蹴飛ばせば簡単に抜けるからですって。

聖護院大根よりは少し小さく楕円形ですね。





奥多摩湖を遡ると山梨県丹波山村に入ります。

村営のお蕎麦が美味しく遠回りしても寄って食べて帰ります。

お蕎麦の美味しさは麺だけではなくそばつゆが決めてですよね。

最後に蕎麦湯を入れればだしが効いているか分かります。
by tama.3photo | 2012-11-22 22:53 | 美味しいもの
<< 新宿中央公園の赤い実 晩秋の奥多摩湖と野猿 >>