<< 道草 川越まつりを振り返って 2 >>
じっと待つハンティング
d0024291_032259.jpg

葉っぱの陰から覗くとカマキリはこちらをギョロリ、ちょっとショッキングな光景でしたね。

カマキリの餌食になったバッタ、素早い動きに逃げる暇もなっかたのか。

じっと動かず気配を消し獲物が目の前に来るのひたすら待つ。

カマキリの体色は獲物に見つからないように枯れ草色、この色なら見つかりにくいですね。

いつまでもじっと動かずにいればバッタだって油断しますよね。

緑色のカマキリをよく見るけれど、秋とともに色が変わるのか、それとも元々この色なのか・・・。

緑系と茶系がいるそうなので待ち伏せ場所を体色に合わせているのかな?





カマキリもメスのほうがずっと大きい、交尾を終えるとオスはメスに食べられるのが多いのだとか。

オスをバリバリ食べてたっぷりと栄養を蓄え産卵するのでしょう。

カマキリのオスはかわいそうな気もするけど、子孫を残すためしかたないのかな?




この画像は2007年頃のもの、誤って消してしまったので書き直しての再掲載です。




2009.06.20 の記事 < ちびカマキリ > もどうぞ

2008.09.23 の記事 < 蟷螂に凄まれました > もどうぞ
by tama.3photo | 2012-10-23 22:00 | 虫たち
<< 道草 川越まつりを振り返って 2 >>