<< 秋の小さな草の実 2 光が欲しい仙石原のススキ >>
ジョロウグモの厳しい同居生活
d0024291_23284885.jpg

ジョロウグモ ( 女郎蜘蛛 ) の罠に落ちたカナブンの仲間、こうなったらもう逃げるのはムリ?

秋になり繁殖期を迎えたメスは模様が一段と鮮やかになるのだとか。

この蜘蛛はお腹の赤い色が際立っているのでメスですね。

大きなメスの上のほうには小さな蜘蛛、これはオスかな?

オスは網を張らずメスとちゃっかり同居、体の大きいメスに養ってもらうヒモ状態?

ところが3倍もの体格差に時には食べられてしまうこともあるのだとか・・・。

メスの脱皮後や獲物を食べている隙を狙って交尾をするのだそう。

命がけの同居生活だったんですね。





2012.07.09 の記事 < 蜘蛛はハンター > もどうぞ

2005.09.17 の記事 < ちょっと怖いかな > もどうぞ
by tama.3photo | 2012-10-16 22:00 | 虫たち
<< 秋の小さな草の実 2 光が欲しい仙石原のススキ >>