<   2013年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧
昼下がりの公園
d0024291_21593278.jpg

まどろむ昼下がり、木陰は心地よい和みの風景。

色々と言葉を考えたのですが・・・、なかなかいい言葉が思い浮かびませんね。

画像の年配者を見ているうちに和みというフレーズが思いついたのですが・・・、いかがでしょうか。




d0024291_21594447.jpg

公園は絶えず自転車で行きかう人たち、思うようにカメラに収められません。

3人のお嬢さんたち、悩んでいるところにちょうどいい位置に通りかかってくれました。
by tama.3photo | 2013-07-31 22:00 | 小金井公園
雨続く日々
d0024291_21404840.jpg

蜘蛛の巣も雨粒を受ければ途端にきれいなものに変身!





のん気なことばかり言ってられませんね。

豪雨被害があちこちで出ています。

なのに首都圏の水瓶にはさほど影響がないのだとか。

こればかりはどうにもならない、天に御願いするしかないのでしょうか?
by tama.3photo | 2013-07-30 22:00 | 庭の花
花さんぽ・赤い花
d0024291_1903952.jpg

ご近所の塀際に咲くバーベナ、半年は咲き続けます。

毎年春になると葉を出し秋深くなるまで咲き続ける丈夫な花。

日当たりがいいからでしょうか、日当たりの悪い我が家はウドンコ病で長くは咲いてくれませんでした。




d0024291_190491.jpg

タチアオイ、この花も長い間咲き続けます。

草丈が1m以上になるにで今まで庭に植えることはなかったのです。

花期が長いので植えてみようかなと考えたこともあったけど・・・。

なにしろ限られた庭、場所を考えてしまいます。




d0024291_1911288.jpg

昔から夏の花と言えば松葉牡丹、日の当たる所に群生する姿は好きです。

種を蒔けばどんどん花咲くものと思っていましたが・・・、やはり日当たりは大事ですね。

我が家で種を蒔いても育ったことが無い・・、夏の花はお日様がとっても大事なのだと改めて実感!




四方を隣家に囲まれた我が家、夏の花は限られてしまいます。

夏は庭の花も少なく手入れの悪さも手伝い見るべきものがない・・・。

夏はご近所の花たちを見させていただくのが一番ね。
by tama.3photo | 2013-07-29 22:00 | 散歩
雨粒を置く花たち
d0024291_0403374.jpg

昨夜の雨の名残り、メドーセージが艶やか。




d0024291_0393740.jpg

バラの花びらに雨粒、盛りを過ぎたバラが生き返ったよう。




d0024291_0405042.jpg

毎日暑いけれど連日の雨に花たちは生き生きしています。





このところ毎日雨が降っていますね。

梅雨のような雨ではなく雷を伴う豪雨ばかりです。

昨夜の隅田川花火大会は30分で中止、各地のイベントも中止になったそうです。

びしょぬれの浴衣姿のお嬢さんたち、泣きたくなりますね。

長い期間を準備にあてていた関係者はさぞがっかりしたことでしょう。

ある方がイベントに出店するのは掛けだと言っていました。

「 お天気が良ければ儲かるけれど、最悪の場合は人件費どころか材料費にもならない。

何年かならしてとんとんかな、あまり儲けは無いけど、付き合いだからね。 」

昨日は最悪のケースなんでしょうね。
by tama.3photo | 2013-07-28 22:00 | 庭の花
首都高からの夕焼け
d0024291_2325489.jpg

夕焼け小焼け・・・、お家はもうすぐ。

帰宅ラッシュの渋滞が少し解消された頃、夕焼けを背景に東京タワーが見えてきました。

渋滞中ならじっくりと撮れたのだけれど・・・ね。

揺れる車内のフロントガラス越しからの撮影、シャッターを押す頃は画角から外れてばかり。




d0024291_2326654.jpg

傾いたお日様が直接レンズに入ると暗く写ってしまうので設定を何度も変えながらの撮影です。

新宿が近づいてくる頃、特徴的な docomo のタワービルが見えてきました。

このビルを見ると帰って来たなと実感、家までもう少し!




d0024291_23255622.jpg

新宿のビル街を過ぎたころ、ゴリラを発見!

どことなくゴリラの顔に見えませんか?

見えない?

私だけ?





撮っていてどことなくいつものすっきりとした東京タワーと違うと思っていました。

段々にネットが張られているような、改装中なのでしょうか。

調べたら 「 地上アナログテレビ放送終了に伴う鉄塔上部の改修・補強工事 」 でした。

元の姿に戻るのは平成26年12月だそうですよ。
by tama.3photo | 2013-07-27 22:00 |
噂の勝浦タンタンメンを食す
d0024291_22295139.jpg

見るからに辛そう・・・、実際に相当辛いです。

真っ赤な油をすすれば辛いけれど、麺を食べれば思ったよりも辛くないかな。

でも辛い物好きな私だからかもね。

大きなガラス窓、海を望み夏の西日を受けながらのラーメンは修行でしょうか・・・。




d0024291_2230450.jpg

辛いものが苦手な私のパートナーは房総醤油ラーメン、こちらは美味しいと言っていましたよ。

一口もらったけれど辛さで麻痺した私には分からなかった・・・。

始めに一口もらっておけばよかったのにね。





アクアライン海ほたるの 「 陸5K軒 ( りくごけん ) 」 は陸地の木更津から5キロ。

面白い名のラーメンやさんですね。

千葉県を代表するご当地B級グルメ < 勝浦タンタンメン > 、ずっと気になってはいたんですよね。

保田漁港ばんや > で9時半の開店を待っての遅い朝食。

昼食の時間がずれてしまったまま外房鴨川から山の中を廻りながら内房へ・・・。

夏休み前の平日、休業している店や2時過ぎれば準備中の札ばかり。

それならばアクアライン起点の木更津の < アクアわくわく市場 > でならと寄ったけれど3時で終了・・・。

お腹を空かしたまま海ほたるでの食事でした。
by tama.3photo | 2013-07-26 22:00 | 美味しいもの
ジャージー牛に遭遇
d0024291_21444925.jpg

県道脇の草地に2頭の茶色い牛、ジャージー種でした。

乳量は少ないけれど、濃い牛乳が出るといいます。

観光牧場のジャージー牛のアイスクリームなどは濃厚で美味しいですよね。





d0024291_2145278.jpg

見た感じはホルスタインよりもひと回り小さいようですね。

ここは小規模な酪農農家のよう、この2頭以外は建物の中なのか見かけません。




d0024291_2145886.jpg

牛さんたちを撮っていたら右の牛さんの後ろから光るものが・・・。




d0024291_2214033.jpg

それまで垂れていた尾を上げての排泄行為でした。

それでも何食わぬ顔で草を食んでいる・・・。

by tama.3photo | 2013-07-25 22:00 | 生き物
歳月が岩肌を削る
d0024291_21571821.jpg

富津市湊川の上流、穏やかに流れる川を橋から覗いています。

長い歳月をかけて岩肌を滑らかに削っていったのでしょう。




d0024291_23142644.jpg

橋の反対側、橋の影が写っています。




d0024291_23151027.jpg

穏やかな川面から目を上に移せば断崖絶壁。

水量も多くない川なのに、気の遠くなるような歳月を掛けてここまで浸食したのでしょう。




d0024291_23151835.jpg

橋のすぐ脇にはトンネル、抜ければ川に沿って道が続いています。




d0024291_2316192.jpg

川に沿って細い道、くりぬいた岩肌が頭上に覆いかぶさるよう。

この道は集落に繋がっているのでしょう。




d0024291_23164597.jpg

岩肌に張られたコードは集落まで繋がる電線でしょうか。

そういえば・・、鎌倉の切通しによく似ていますよね。

東京湾を挟んだ三浦半島や鎌倉の地形にそっくり!

距離はたいして離れてはいないので地質は同じなのでしょう。




d0024291_2317256.jpg

元の道に戻ろうとトンネルを抜けた所、薄暗い所から戻り逆光にキラキラ光る草たち。

岩肌に生えた草たちが日に輝いていました。

by tama.3photo | 2013-07-24 22:00 | お出かけ
静かな戸面原ダム
d0024291_0515617.jpg

静灌漑用ダム、戸面原 ( とづらはら ) に架かる橋は生活道路。




d0024291_052432.jpg

ボートの姿も無く静かなダム湖、橋から南を見れば先ほど通ってきた道が見えます。





d0024291_0523153.jpg

北側も静まり返った湖面。





県道を走っていると木々の間からダム湖が見えてきました。

一番景色のいい所は道路工事中のために止めることが出来ず。

諦めていたら赤い橋が見えたのでちょっと寄ってみました。

観光地化されていはいないので岸まで降りる道も無し、釣りをする人も見かけません。

標高は高くはないけれど深山の雰囲気、付近は疎らに点在する家々だけ。
by tama.3photo | 2013-07-23 22:00 | お出かけ
大山千枚田
d0024291_2114116.jpg

東京から一番近い棚田、鴨川大山千枚田です。

小さく区切られた田んぼは更に上へと続きます。




d0024291_212465.jpg

棚田を見下ろせる場所、これでもまだほんの一部。

複雑な地形では全ての棚田を見渡せるのは難しい。




d0024291_212597.jpg

車がすれ違えないような農道をぐるりと回り棚田の一番下まで行ったけれど・・・。




d0024291_2122828.jpg

上から見た方がきれいでしたね。





田植え直後の水を張った棚田の写真を見て一度は行ってみたいと思っていました。

黄金色に輝く実りの頃もきれいでしょうね・・・。

詳しい内容は < 大山千枚田 > をどうぞ
by tama.3photo | 2013-07-22 22:00 | お出かけ