<   2013年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧
ハナムグリ・エノテラの花粉まみれ
d0024291_22121679.jpg

花の中に潜り込んで体中に花粉を付けるハナムグリ、コガネムシやカナブンの仲間です。

ハナムグリは昼活動し、花粉を食べ受粉に貢献するいい昆虫のようですよ。

同じ仲間のカナブンは夜飛び回ってあまりいい印象はないけれどね。



エノテラの和名はヒルザキモモイロツキミソウ、月見草の黄色とは違うけれど花が似ていますね。





過去記事を調べたら同じような画像と記事をがありました。

2006.0.25 < この虫さんはなあに? > もどうぞ
by tama.3photo | 2013-05-31 22:00 | 虫たち
ヒメヒオウギ、あちこち 
d0024291_22112461.jpg

こぼれ種から殖えていつの間にか日当たりを占領する紅白の姫緋扇。





d0024291_22114961.jpg

ご近所の塀際に咲く赤のヒメヒオウギの種をティッシュに包み持ち帰ったもの。

今では赤いヒメヒオウギがあちこちで咲いています。




d0024291_2212538.jpg

数年前に鉢ごと頂いたけれど元気がなかった白のヒメヒオウギ、庭に下ろしたら大繁殖!

やっぱり地植えは何よりの栄養なのかな?

by tama.3photo | 2013-05-30 23:00 | 庭の花
花さんぽ・ドクダミの花の白さ
d0024291_21111428.jpg

日当たりの悪い路地裏で見つけた臭くて嫌われ者のドクダミ。

真っ白な花はハッとさせらるほどきれい。

でもこの白い花が好きなんです・・・、見ているだけならね!




d0024291_21103633.jpg

花びらと思われているのは苞、本当のは花はまっすぐ伸びる花の集合体の方です。

花びらは無くそれぞれの小さなシベが密集しています。

今まで白いのが花だとばかり思っていたけどこんな花は案外多いみたいですね。




d0024291_2111543.jpg

路地裏や木陰に咲くドクダミ、雑草として扱われることがほとんどです。





我が家の庭も手入れの悪さにドクダミがビッシリ。

抜いても抜いても地下茎があちこちに伸びて退治は諦め状態・・・。

30cmほど掘り返して地下茎を全て取り除かないと来年も同じ状態なのだそう・・・。




散歩で見かけた白い花シリーズ、今回でお終いですがまた季節をずらせば何かに出会えるかな?
by tama.3photo | 2013-05-29 22:00 | 散歩
花さんぽ・レースフラワー
d0024291_2132942.jpg

路地の塀際に咲く可憐な白い花、後で調べたらレースフラワーのようです。




d0024291_2141278.jpg

フェンスから溢れるように咲くレースフラワー。

この家の庭からのこぼれた種が殖えていったようですね。

簡単に殖えるなら日当たりのいいところに蒔いてもいいかもね。





この花は何かに似ていると思っていましたが、ニラの花に似ていませんか?

葉っぱは全然違いますけどね。

2012.09.29 < 韮畑は花盛り > もどうぞ

道路の淵はこぼれ種や飛んで来た種から色々な花が見られます。

1枚目の花のバックが黄色いのはメキシコマンネングサ、この花も道路際でどんどん殖えていますね。
by tama.3photo | 2013-05-28 22:00 | 散歩
花さんぽ・こんもりクリーム色の花
d0024291_2111924.jpg

下を向いて咲く花を覗いてみましたが、花の中を見るのは初めて!

腰をかがめて下から覗くのは・・・、ちょっと辛い。




d0024291_211853.jpg

こんな花が太い茎にびっしり。

これ、なんの花か分かりましたか?




d0024291_2113561.jpg

ここまで引けばもう分かりますよね。

花穂がぐんぐん高く伸びる 「 ユッカラン 」 でした。





日当たり抜群を好み葉っぱは尖った剣のよう、花穂は3m近く伸びています。

この花だけで庭を塞いでしましそうです。

公共の土地以外はとてもじゃないけど育てられませんね。
by tama.3photo | 2013-05-26 22:00 | 散歩
花さんぽ・甘いスイカズラ
d0024291_2024855.jpg

スイカズラに顔を近づけるとかすかに甘い香り。




d0024291_2024686.jpg

花は白と黄色の咲きわけなのかと思ったら、白から黄色へと変化するのだそうです。

よく見れば黄色の花はくたびれていますね。

調べるとまたの名を 「 金銀花 」 、白と黄色の花から付けられたのでしょう。




d0024291_20242795.jpg

生垣の間からすっとつるを伸ばすスイカズラ、蔦のようにからみついて成長するのでしょう。





香水の 「 ハニーサックル 」 はスイカズラだそうです。

私、香水にあまり縁はないけれどちょっと香りを嗅いでみたいかも。

スイカズラの語源は花の蜜を吸うところから、昔砂糖のない時代はさぞ甘~く感じたのでしょう。
by tama.3photo | 2013-05-25 22:00 | 散歩
食べごろ・ユスラウメ
d0024291_2145115.jpg

真っ赤に熟したユスラウメの実、今日の収穫はこんなにありましたよ。




d0024291_21454361.jpg

1cmほどの小さな実、アップにすると小さな産毛まで見えますね。





d0024291_21454364.jpg





d0024291_21461623.jpg





ちょうど2か月前の花の画像がありました。

2013.03.24 < 3月の庭・今咲く花 >、小さな実なので食べられるようになるのも早いですね。

そのまま食べればサクランボのような風味。

ジャムにしても、ホワイトリカーに漬けてもいいそうですよ。

さて今年はどうやって食べましょうかねえ・・・。
by tama.3photo | 2013-05-24 22:00 | 美味しいもの
庭に咲く花、紫の舞
d0024291_2140532.jpg

先週から咲き始めた 「 オキザリス・紫の舞 」 、素敵な名前ですね。

水切れで枯れても、冬の寒さで枯れても、必ず復活するカタバミの園芸種のオキザリス。




d0024291_21581022.jpg

霜が降りるまで半年咲き続けます。

by tama.3photo | 2013-05-23 22:00 | 庭の花
こもれびの里の農作業
d0024291_022077.jpg

昔懐かしい田んぼの代掻き、田植えの準備ですね。




d0024291_014771.jpg

カキツバタの畑で草取り、きれいな花を咲かせるのに手入れは欠かせません。

農作業をするのは < こもれびの里クラブ > のボランティアの人たち。




d0024291_023951.jpg

代掻きの作業をする人たちの向こうは移築された農家、武蔵野の面影を残します。




d0024291_02859.jpg

復元された農家を小高い所から見ています。

昔の暮らしは今の時代と比べればとっても不便だと思うのです。

それでも家族や村の人たちと助け合う温かい繋がりがあったのでしょうね。





昭和記念公園の過去の記事を探してみました。

2005.05.15 < さくら3 2005 昭和記念公園

2008.10.09 < 実りの秋-3-銀杏

2008.10.04 < 実りの秋-1-粟

2008.10.06 < 実りの秋-2-蕎麦

2007.10.01 < 庭園の紅葉

2005.10.23 < コスモスの丘

2005.04.11 < さくら1 2005
by tama.3photo | 2013-05-22 22:00 | 公園
こもれびの里に咲く花たち
d0024291_21463298.jpg

カキツバタ、花菖蒲よりは花が小さいですね。

見分け方は今までよく知らなかったのですが、今度ゆっくり観察しましょうか。

花びらの基のところの違い、花菖蒲は黄色、カキツバタは白、アヤメは網目状の模様だそう。




d0024291_2146699.jpg

ブタナ、別名はタンポポもどきなのだそう。

いつの間にか殖えていった帰化植物です。

見た目は美しいけれど繁殖力は凄く芝生を枯らすので駆除されているそうですよ。





d0024291_21465193.jpg

花ではないけれど、昔から蚕を飼う農家では餌になる桑を大事にしていました。

そして桑の実は子供たちのおやつとして重宝されていたようです。

そして私は残念ながら、農家が親戚にいなかったので桑の実の味は知らない・・・。




昭和記念公園の中の 「 こもれびの里 」 、昔ながらの風景が再現されています。

by tama.3photo | 2013-05-21 22:00 | 公園