<   2012年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧
ロリーポップ、今年が最後?
d0024291_0284641.jpg

今年は2輪だけ、茎も細く頼りないスカシユリの園芸種 「 ロリーポップ 」





我が家の絶滅危惧種、スカシユリは 『 杯状の花を上向きにつけることが特徴 』 なのに下を向いて・・・

年々花の付きが悪くなるのは我が家が日当たりの悪いせいなのか?

四方をお隣さんに囲まれた我が家ではお日様大好きな花たちにはちょっと辛い環境なのでしょうね。




咲いた時期はもうちょっと早く6月上旬、このまま埋もれてしまうには哀れだったので6月中にと思い掲載しました。




2008.05.31 の記事 「 うつむく花 ロリーポップ 」 もどうぞ

2006.05.23 の記事 「我が家の絶滅危惧種 」 もどうぞ
by tama.3photo | 2012-06-28 00:32 | 庭の花
クロアゲハ ( 黒揚羽)
d0024291_20542375.jpg

蝶の撮影は難しい・・・ じっと止まっているのはほんのわずか。

カメラを取って来て構えるまでにもうどこかにヒラヒラと飛んでしまいます。

「 あっ、見つけた 」 とまた構えても再びヒラヒラ・・・  「 お願い、じっとしていて! 」

ちょっとピントが甘いけれど、やっと1枚だけ撮れました。

by tama.3photo | 2012-06-26 21:17 | 虫たち
わくわく! スカイスリー!
d0024291_0572065.jpg

街を車で走っていると、ビルの切れ間に突然現れるスカイツリー!

「 うわぁ~! スカイツリーが見えた~ ! 」  とってもうれしくなりませんか?




d0024291_131828.jpg

近くまで行きスカイツリーを撮ってみたけれどフレームに収まらず・・ 広角18mmの斜めでなんとか!

やっぱり半端ない大きさなんだと実感!





展望回廊に昇ったのではなく、ソラマチに行ったのでもなく、ただ街中を走っていただけなのになんだかとってもうれしくなります。

まるで新幹線から見える富士山のような興奮を覚えますね。

日本の国力が停滞した今はたったひとつだけの誇り、みんなの元気の源なのでしょうか。

ほんのちょっと見えただけで気分が高揚してきますよね。
by tama.3photo | 2012-06-24 12:00 | お出かけ
真っ白な鉄砲百合
d0024291_2226235.jpg

花言葉は 「 純潔、甘美、威厳 」 だとか、純白と芳香からイメージどおりですね。

清楚な花姿に似ず、なんと物騒な名前なのでしょう。




d0024291_22263090.jpg

どの花の中にも蟻がいるけど、甘い蜜? 花粉? 何を目的にくるのかな?

by tama.3photo | 2012-06-22 22:49 | 庭の花
ホタルブクロ 野分のあと
昨夜からの雨風も収まり雲間からまぶしいお日様が覗きます。




昨日まできれいに咲いていたホタルブクロ
d0024291_835634.jpg





足元に倒れかかるホタルブクロ、白蝶花と共に昨夜の嵐でなぎ倒されていました。

d0024291_844461.jpg






昨日は季節外れの台風の上陸に備えて色々と準備、まずはベランダの竿やスダレを下ろします。

植木鉢を隅によせ、倒れかかりそうな庭木は支柱を添えて・・・弱い草花もなんとかしなくちゃ!

そんなこんなで雨が降り出し時間切れ、草花までは手が回らずでした。

折れていないか・・・朝一で見たホタルブクロは倒れながらも花は千切れず無事。

昨日よりも花数が殖えていました。

やはり野に咲くホタルブクロ、ちょっとやそっとではくたばりませんね。



以前の台風の記事をどうぞ

2006.06.10  【 台風一過・雨上がりの西新宿 】

2005.09.07  【 台風一過 】

2005.08.27  【 今日の野川 】
by tama.3photo | 2012-06-20 08:10 | 庭の花
紅白のヒメヒオウギ ( 姫檜扇 )
d0024291_2341798.jpg

種から育てた赤い小さなヒメヒオウギ、鮮やかな色が下草の中でも目立ちます。




d0024291_2343714.jpg

これも種から育てた白いヒメヒオウギ、種がこぼれてどんどん殖えていきます。




何年か前に道路と塀との隙間に咲いた赤いヒメヒオウギのこぼれそうな種をティッシュに包み持ち帰り蒔いたもの。

2年後には花が咲きまた種がこぼれて殖えて行きました。

白はご近所の方に頂いた数粒が今ではあちこちに固まって咲いています。

南アフリカ出身で寒さには弱いと聞いたけれど、アスファルトの隙間からも顔を出すくらいだから日本の気候に順応したのでしょう。

花期が長くもう1か月ほど咲き続けている元気者です。



同じように種がこぼれて花が咲いたものがありました。

2007.06.05 【 種から殖えたもの 】 へどうぞ
by tama.3photo | 2012-06-18 23:24 | 庭の花
ナナホシテントウ
d0024291_16473399.jpg

新芽に寄生するアブラムシを食べてくれる益虫、思わず 「 お~い、頑張ってね! 」 と声に出しちゃいました。





派手な色の意味は・・・ウィキペディアからの抜粋、

「 体内にはアルカロイドが含まれるため、鳥はこれを食わないという。見かけの派手な色は警告色と考えられる。 」


「 こんなに目立っていいんかい 」 とは思っていたけれど 「 なるほどね~! 」 です。





今、ふと窓の外を眺めたらオオスズメバチが飛んでいるんですけど、 「 やだやだ、怖~い! 」 どこか近くに巣でもあるのかな~・・

あんなのに刺されたらショック死しちゃうよ~!
by tama.3photo | 2012-06-15 16:52 | 虫たち
イモカタバミ ( 芋片喰 )
d0024291_15194563.jpg

春から秋にかけて咲き続ける 1.5cm ほどの濃いピンク色の花、庭先や道端でよく見かけます。





我が家でも植えた覚えもないのに日当たりの良い所には必ず咲いています。

どんどん殖えるのでほぼ雑草扱いですが、庭に花のない季節は彩りを添えてくれます。

イモカタバミのイモってなんでしょうね。

掘り上げると地下に芋のようなものを作っているからでしょうか。
by tama.3photo | 2012-06-14 15:21 | 庭の花
タイリンキンシバイ (大輪金糸梅)
d0024291_17463019.jpg

梅雨時に咲く大輪金糸梅は雨の日が似合います

別名はヒペリカム・ヒドコート、ビョウヤナギやキンシバイとの大きな違いはおしべでしょうか。

梅雨入りして4日、雨に濡れて庭の花たちが生き生きしています。

今週はお日様を拝めそうもありませんが、うっとうしい梅雨も植物たちには恵みの雨なのですね。

by tama.3photo | 2012-06-12 17:48 | 庭の花
マルハナバチとテルハノイバラ ( 照葉野茨 )
d0024291_1643912.jpg

真黒なので知らないと蜂は怖いと誤解されるけど花から花と蜜を集める働き者です。





昨日から咲き始めた照葉野茨でせっせと蜜集め、なにやら足に丸いものが・・
d0024291_1610876.jpg

拡大してみれば、花粉団子ですね。

by tama.3photo | 2012-06-10 16:19 | 虫たち