<   2007年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧
山間の集落
d0024291_2303293.jpg

江戸時代にタイムスリップしたかのような山の中の宿場町・会津の大内宿。




d0024291_23151334.jpg

背後の紅葉が茅葺き屋根に映えます。




d0024291_23153742.jpg





d0024291_23155081.jpg

午前8時半のまだ静かな大内宿、店を開く準備をしています。




d0024291_2316650.jpg

夕べの雨で濡れた茅葺き屋根から薄っすらと湯気が上がります。
 




d0024291_23264731.jpg





そろそろ駐車場に戻ろうかと思う頃、バスから降りた団体客が道いっぱいにやって来ます。

観光バス10台近くが一気にやって来たんですね。

山を下り始めれば続々とここを目指して車の列、早めに来て正解でした。




★  < 大内宿 > はこんな所です。
by tama.3photo | 2007-10-31 23:16 | お出かけ
セイタカシギ
d0024291_0323068.jpg

日本へは稀に旅鳥として渡来すると書かれているからかなり貴重な鳥のようです。





撮影 2007.10.01 千葉県習志野市・谷津干潟

1ヶ月近く前なのですが谷津バラ園に行った時の画像です。

バラ園の隣の干潟にいた鳥を気にも留めずに撮っていました。

昨日改めてネットで調べれば背高鴫 ( セイタカシギ ) のペアと判明です。

谷津干潟や市川市行徳では数は少ないけれども繁殖も確認されているのだとか。

メスに足輪が付いているのは生態調査ためでしょうか。

仲良く干潟の中を餌を啄ばみながら移動、すらりと長い足がうらやましい・・・。
by tama.3photo | 2007-10-29 08:00 | 鳥たち
季節外れの台風
d0024291_14592530.jpg

もうすぐ11月になのに関東の南を通過する台風、南の海はまだ水温が高いのでしょう。





撮影 2007.10.26 西新宿・雲の中の都庁

今年は異常な暑さだったからまだまだ海水温が高いのか。

こんな時季に日本にやってくるなんて驚きです。

本来ならば行楽日和のはずなのに、大雨で山の紅葉がダメにならないといいですね。




レンズ修理と駐車料金

ズームレンズのオートフォーカスが効かなくなっていました。

新宿のニコンサービスセンターに持ち込み修理を依頼していたので引き取りに行ってきました。

その前に購入した店で聞くと期間は1ヶ月はかかるとのこと。

費用は見積もりを取らないと分からないということで直接サービスセンターに行って依頼しました。

数分で修理箇所の見積もりが出て期間は1週間です。

ちょっと遠くても直接依頼したほうがいいですね。

台風が近づいている影響で昨日は朝から雨でした。

引き取りには車で行ったのですが駐車料金って高いですね。

新宿駅近くなので 「 30分300円 」 もします。

せっかく新宿まで行っても料金が気になってゆっくりショッピングも出来ません。
by tama.3photo | 2007-10-27 15:13 | お出かけ
夕暮れ時
d0024291_21144392.jpg

雲の切れ間からこぼれる夕陽、なにか期待出来そうな港の夕暮れ時。




d0024291_2115335.jpg

染まり始めた雲から射す夕陽のかけら、待ったけれど夕陽が顔を出しそうで出さない。




d0024291_21152151.jpg

待ちきれず車で移動すると港の中に夕陽の長い光、これが撮りたかったのですよ。




d0024291_21153578.jpg

陽が沈んだばかりの丘陵は茜色に染まる雲、やはり明日も良いことありそう!





本州最東端、千葉県銚子市

どこよりも早く沈む夕陽を追いかけるように帰ってきたけれど追いつくはずもなく途中から真っ暗・・・。

当たり前ですね。
by tama.3photo | 2007-10-22 21:51 |
佐倉の秋まつり
d0024291_12224789.jpg

幕末の神田まつりで将軍上覧を賜った由緒ある山車人形、

その後下総の佐倉の城下町にやってきて町民に親しまれていました。

今は土台の老朽化により展示されるのみ。

修理には大変なお金がかかるようです。




d0024291_12231243.jpg

千葉県内最大級の麻賀多神社大神輿の渡御を各町内の提灯が先導。




d0024291_12232685.jpg





d0024291_12233974.jpg

寄付を頂いたお店の前ではお神輿が正面を向き掛け声と共に差し上げ挨拶をします。





撮影 2007.10.14 < 千葉県佐倉市


佐倉藩城下町のお祭りは 「 えっさのこらさのえっさっさ 」 の掛け声で山車を引きます。

この地の独特の掛け声のようです。

人形を乗せた三層江戸型山車は2台が残るのみになってしまいました。

唐破風引き廻し屋台は14台、お神輿は大神輿を含め7台もあり華やかなお祭りです。

山車人形は展示されるだけではなく山車の再建を話し合っているそうですが・・・。

大変なお金が掛かるのだとか、お人形の前にはたくさんの寄付が。

( 私もちょっとだけですが )

先日東京丸の内で繰り広げられた < 江戸天下祭 > に佐倉からも参加していました。

横町の人形山車と中町の展示人形が江戸に里帰りを果たしたのです。

その際にパンフレットを配り佐倉のおまつりをPRしていました。

ここのお祭りももっと知られてたくさんの方たちに来ていただくことが再建への手助けですね。




なんだか佐倉のお祭りを熱く語ってしまいました。

実は私、幼い頃この街に数年住んだことがあるのです。

もちろんお祭りの様子は目に焼きついています。

私のお祭り好きの原点でもあるのでした。




★ 下のエントリ、 < 秋まつりと子どもたち > と < 佐原の秋の山車まつり > に続きます。
by tama.3photo | 2007-10-19 12:28 | イベントと祭り
秋まつりと子どもたち
d0024291_120510.jpg

お祭りといえば食べることも楽しみですね。




d0024291_1202830.jpg

なにを狙っていたんでしょうね、普段とは違う遊びにワクワクします。




d0024291_120522.jpg

投げ輪に並ぶ子どもたち、順番を待つのももどかしいかな?




d0024291_121126.jpg

「 ダメダメ、1回しかできないんだから! 」 とお母さんがすくってしまった・・・。

お母さん、それでいいの?




d0024291_1212375.jpg

山車を引くというより綱と遊んでいた子、ぶら下がったりくぐったりと忙しい。




d0024291_1214020.jpg

賑やかなお囃子にもめげず寝てしまった子、だっこしながら手踊りとは・・母はやはり逞しい。





撮影 千葉県佐倉市と香取市佐原
by tama.3photo | 2007-10-19 12:02 | イベントと祭り
佐原の秋の山車まつり
d0024291_062922.jpg

山車の上に乗る巨大な人形は昭和初期作の大楠公 ( 楠木正成 )

この大きさの人形を作れる職人は今はもういないのだとか、貴重な文化遺産ですね。




d0024291_018135.jpg

小野道風の人形と人の大きさを比較してみれば、かなりの大きさと思われます。




d0024291_0391581.jpg

利根川河川敷の臨時駐車場からは娘船頭? のシャトル船に乗って街まで移動します。




d0024291_1344655.jpg

この写真は2003年のも、300万画素の古いコンデジですが好きなのでアップしました。





撮影 2007.10.13 千葉県香取市佐原

関東三大山車まつりの1つ、佐原の大祭




2006年の大祭の記事は < こちら > と < こちら > からどうぞ
by tama.3photo | 2007-10-17 23:50 | イベントと祭り
秋桜・摘み取り
d0024291_213035.jpg

摘み取りは自由、抱えるほどのコスモスで部屋中を飾るのかな




d0024291_2134924.jpg

淡紅 ( うすべに ) の秋桜 ( コスモス ) が秋の日の~♪

なんて歌が思わず口をついて出てしまいます。





d0024291_214069.jpg





d0024291_214467.jpg





d0024291_2152355.jpg





撮影 2007.10.14 茨城県潮来市と千葉県印旛村


どちらもコスモスまつり、まつりといっても休耕田を利用した花畑でした。

観光客目当てのお土産テントがあるわけでもない、地域の素朴なイベントに好感が持てますね。
by tama.3photo | 2007-10-15 23:43 | お出かけ
路地裏を歩いて
d0024291_2357344.jpg

秋色をみっけ!

蔦の色も変わり始めました、これから塀の色のように真っ赤に変わっていくのでしょう。




d0024291_0113273.jpg

障紙に咲く花、もうすぐ大掃除の季節もやってきます。

1年はあっという間に経ってしまいます。




d0024291_0201159.jpg

草刈り部隊、ここは自衛隊官舎の跡地。

毎年草が枯れる前に大勢の隊員がトラックでやって来て汗を流します。




d0024291_0223336.jpg

煙突のある家、どんなストーブを想像しますか?

薪ストーブや石炭ストーブの温かみ?

温もりのある家庭を想像してしまいます。




d0024291_0243573.jpg

蝶の季節ももうすぐ終わりが迫っています。

マリーゴールドが好きなのかこの蝶がたくさん、よく見ると右の羽は傷ついてボロボロ。





今日は路地裏さんぽです。

いつもの通りとは違う露地を歩くと秋の深まりを感じる新しい発見がありますね。
by tama.3photo | 2007-10-11 23:57 | 散歩
葉っぱで一休み
d0024291_23303244.jpg

水辺に棲むハグロトンボは光沢が美しい、久しぶりに見ました。




d0024291_23304741.jpg

羽根の先端が黒いのはコノシメトンボ、全身が赤いのはオスのなのでしょう。



d0024291_23305982.jpg

ショウリョウバッタ?

違うかもしれないですね。

バックの花はアメリカセンダングサ。




d0024291_2331139.jpg

アメリカセンダングサは黒い種がセーターにくっつくと取れない。

「 ヒッツキムシ 」 って言ったほが分かるかしら?





のんびりと水辺を散歩、あんなに賑やかだったコオロギの声もそろそろ小さくかすれてきました。

この昆虫たちもパートナーを見つけてもうすぐ生を終わらせてしまうんですよね。

虫の一生って短いけれど子孫を残すことだけに集中した濃い一生のような気がします。

命を終わろうとするショウリョウバッタは < こちら > からどうぞ。
by tama.3photo | 2007-10-08 23:41 | 虫たち