<   2007年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧
天界に咲く花
d0024291_22373945.jpg

どこまでも続く紅き華、彼岸花と呼ばず天界に咲く 「 曼珠沙華 」 が相応しいように思います。




d0024291_2238467.jpg

巾着田は日本一の彼岸花 ( 曼珠沙華 ) の群生地です。




d0024291_22523973.jpg

高麗川の蛇行が長い年月をかけて巾着のような形になり、その内側が田畑に利用されてきました。




d0024291_2253614.jpg

河川の増水時に上流から流れてきた球根が、漂着し根付いたと考えられるそうなのです。




d0024291_22532428.jpg





d0024291_22534084.jpg

早咲きエリアはほぼ満開、紅い花の海が広がります。




d0024291_22535479.jpg

遅咲きエリアは25日でもこの状態、まだまだ楽しめますね。





撮影 2007.09.25 埼玉県日高市 < 巾着田




曼珠沙華はサンスクリット語で天界に咲く花。

おめでたいことが起こる兆しに赤い花が天から降ってくる、という仏教の経典から来ています。

と、 「 All About 」 では解説しています。

また、 「All About 」 の続きには、

彼岸花にはアルカロイドという毒があるため、 「 毒花 」 「 しびれ花 」 などと呼ばれ・・・。

などなど、その他にもかなり嫌な呼び名もあるようで・・・。

怖い名前は聞いただけでドキっとしますよね、こんな名前は聞かなかったことにしましょう。

やはり 「 曼珠沙華 」 のこの世のものとも思えない美しさ、天界の花が一番いいのではないかしら。


★ 前日のエントリ、 < 紅白・華の饗宴 > の続きです。
by tama.3photo | 2007-09-27 23:22 | お出かけ
紅白・華の饗宴
d0024291_1925047.jpg

光に浮び妖しく煌めく白き曼珠沙華。




d0024291_19252588.jpg

一面の紅に映える・・・、 紅き華との対比・・・。




d0024291_19254972.jpg

紅き華の海にすっと浮ぶ白き華、白花曼珠沙華。




d0024291_1926611.jpg





撮影 2007.09.25 埼玉県日高市・巾着田
by tama.3photo | 2007-09-26 23:05 | お出かけ
今宵は中秋
d0024291_23555939.jpg

今宵は中秋の名月、まあるいお月様を見たのは久しぶり、どれがウサギでしょうね。




d0024291_23564023.jpg

本当の大きさは・・・。

私のカメラ最大ズームでもこのくらい、夜の11時に蚊に刺されながらも三脚出して頑張りました。




d0024291_0145286.jpg

一合枡の中に小さなお月見団子。

毎年飾っていたのに今年は忘れ遅ればせながら今夜出して来たのでした。

旧暦の8月15日は十五夜、お天気に恵まれることはあまりなかったように記憶しています。

今年はどうか危ぶまれたけれど澄んだ夜空にまん丸お月様、なんだか幸せ気分になりますね。

by tama.3photo | 2007-09-25 23:58 |
秋の彼岸
d0024291_1934480.jpg

今日はお彼岸のお中日、彼岸の頃になると律儀に咲く彼岸花は曼珠沙華とも言われます。




d0024291_23581569.jpg

これは白花曼珠沙華。




d0024291_013462.jpg

いつもは静かな墓地もお参りの人がたくさん、どこからもお線香の香りが絶えません。




d0024291_014762.jpg

草を抜き墓石を磨きお花も供えて拝みます。

ご先祖様に 「 ○○ にしてください 」 なんて都合のいいお願いばかりです。




d0024291_0222.jpg

本堂のご本尊さまにも、後ろから順番も待たずやはり都合のいいお願いをしてしまう罰当たりな私です。

by tama.3photo | 2007-09-23 23:56 | お出かけ
野鳥の病院
d0024291_0283427.jpg

羽根の折れた 「 ゴイサギ 」 、 ここまで酷い状態ではもう飛べないのでしょうか。




d0024291_0285172.jpg

片足のないゴイサギも、釣り糸が足に絡まって壊死してしまったのか。




d0024291_029584.jpg

猛禽類の部屋にもたくさんの入院患者たち、やはり羽根の折れた鳶でしょうか。




d0024291_0573444.jpg

「 野鳥病院の入院患者さん 」 と書かれたボードの下には色々と説明板があります。

野生に帰るのもなかなか難しいようですね。




d0024291_0575888.jpg

一部の鳥は背後の水路で放し飼い、白鳥・川鵜・白鷺達はある程度回復したからでしょうか。




d0024291_0581372.jpg

昼食時に飼育員さんのパンを貰っていた鶏もニャンコも一緒にお昼寝、のどかな光景です。




d0024291_0583022.jpg

小鳥たちの入院部屋は細かい網でよく見えない、その訳は蛇だったんですね。





撮影 2007.09.16 千葉県市川市・野鳥の楽園
by tama.3photo | 2007-09-21 18:36 | 鳥たち
新米の季節ですね
d0024291_9213413.jpg

たたわに実った稲穂、もうすぐ刈り取りられ皆さんの食卓にも登場します。




d0024291_9215746.jpg

刈り取られた田んぼとこれからの田んぼ、カメラに警戒した白鷺はなにを食べていたんでしょうね。




d0024291_9221240.jpg

だいぶ前に刈り取られた田んぼと京成スカイライナー、旅行帰りの人を乗せ成田から上野に向かいます。




d0024291_9222687.jpg

所々に残された縞模様の田んぼ、先日の台風9号になぎ倒された稲ですね。




d0024291_9223959.jpg

これでは機械での刈り取りは無理でしょう、一束づつ昔のように刈り取らなくてはいけないのでしょうか。





撮影 2007.09.15 千葉県佐倉市



美味しい新米の季節がやってきましたね。

皆さんはもう新米を食べているかしら、待ち遠しいけれど我が家は今あるお米が切れてから新米を食べます。

9月7日の台風9号が稲をなぎ倒していたけれど、すべての稲ではなく風の通り道なのか筋状に倒れています。

なぎ倒された田んぼばかりが残されていますが、こんな状態で機械が入れば稲を踏みつけてしまいますね。

昔ながらの手作業での刈り取りをするのでしょうか、人手がいるのでしょうね。

今日も台風11号から変わった低気圧による豪雨が東北を襲っていました。

TVでは水につかった家や田畑が映し出されています。

丹精込めた稲穂が水に浸かるのを見るのはとても辛く悲しいことでしょうね。




先日の < 風吹き渡る印旛沼 > の続きです。
by tama.3photo | 2007-09-18 22:51 | お出かけ
塩浜漁港から東京湾を望む
d0024291_21403414.jpg

埋め立て地に造られた市川塩浜漁港のコンクリート護岸の中は静かなプール?

ここもハゼ釣りです。




d0024291_21405073.jpg

遠くを望めば左に幕張の高層ビル群、幕張メッセや千葉ロッテのマリンスタジアムはどの辺りでしょうね。




d0024291_2141564.jpg

右は近くに新浦安のマンション群、その向こうはディズニーリゾートへと続きます。

暑さに横着をして車の中からの撮影、サイドミラーが入っていましたね、失敗でした。




d0024291_21412198.jpg

隣接する市川野鳥の楽園や宮内庁鴨場から数え切れないほどの海鳥が海に向かって移動します。

次から次へと海鳥の群れの移動は数分間続きました。




d0024291_21414993.jpg

海苔の養殖場の手前に黒く長~い海鳥の帯、ズーム 200mm 最大でもこれが限界。





d0024291_21525283.jpg

トリミングすれば分かるかなと思ったけれど、画像が荒れてやはりなんだか分かりませんね。





撮影 2007.09.16 市川塩浜漁港

前日のエントリ < 秋の風物詩・ハゼ釣り > の続きです。
by tama.3photo | 2007-09-17 22:57 | お出かけ
秋の風物詩・ハゼ釣り
d0024291_2192212.jpg

本格的な出で立ちは鮎師のよう、河口近くの浅瀬に群れるハゼを狙っています。




d0024291_2194042.jpg

釣り入門ともいえるハゼは竿を投げればすぐに食らいつく。

面白いように釣れるからみんなで楽しめる手軽なレジャーなのでしょう。




d0024291_219539.jpg

ちびっこ釣師も楽々ゲット、釣れたハゼを外してもらっています。




d0024291_2110682.jpg

そして私も本日一番の大物をゲット、今夜は天ぷらになったたくさんのハゼが私のお腹に消えました。

久しぶりのハゼ釣りは短時間で50匹ほど釣れたでしょうか。

川面の風に蒸し暑さも和らぎます。

今日はとっても暑かったですね。

韓国を襲った台風から流れる風は真夏に逆戻りをしたかのようでした。




d0024291_21101943.jpg

釣り人を取り巻くように群れるカモメの種類は・・・?

ユリカモメってもう少し白かったような気がしますが・・・。




d0024291_21413561.jpg

このカモメもセグロカモメなのかユリカモメなのか調べても判断は難しい・・・。

「 カモメはカモメ・・♪ 」 そんな歌があったけれど私もカモメはみんなカモメでしかありませんでした。




撮影 2007.09.16 江戸川
by tama.3photo | 2007-09-16 23:09 | 生き物
風吹き渡る印旛沼
d0024291_22353945.jpg

ぽっかり浮かぶ雲は秋だけれど、爽やかな風とは程遠く残暑厳しい中を印旛沼の散策です。




d0024291_2236179.jpg

印旛沼を巡るサイクリングロード、颯爽と自転車が行き交います。




d0024291_22361591.jpg

夏の名残り、ヒマワリが風にそよぎ歩き疲れた私を癒してくれました。




d0024291_22364115.jpg

稲穂が実り遠くにオランダ風車が見えて・・・えっ?、 えっ~???




ここは日本の田園風景、なんか変だと思いますよね。




d0024291_22365452.jpg

春には何十万本の チューリップ が咲き、ここは本当のオランダなのかもと錯覚する所なのです。

佐倉藩は東の長崎といわれた蘭学の地、

佐倉市は順天堂大学 ( 病院 ) の前身 「 佐倉順天堂 」 があった所でした。





d0024291_2237723.jpg

日蘭親善のシンボルとして建設された風車にコスモスが彩りを添えています。

先日の台風9号でコスモスは傷んできれいとは言えないけれど、雰囲気はあるでしょうか。





撮影 2007.09.15 千葉県佐倉市
by tama.3photo | 2007-09-15 23:56 | お出かけ
夕焼けに走る
d0024291_23164777.jpg


ああ~・・きれい! 久しぶりの夕焼けだあ~!

6時ごろ家へ帰ろうと外に出れば赤く輝く空。

バッグには小さなコンパクトデジカメだけ、1眼を取りに帰ったら消えてしまう・・。

ビルの上からなら広い空もあるけれど、地上では電線・家の屋根・マンションと遮るものばかり。

急いで自転車を走らせ我が家を通り越して市営グランドへ・・・。 

急げ~! 

間に合った!

by tama.3photo | 2007-09-13 23:35 |