<   2007年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧
あやめ祭り
d0024291_23385735.jpg

水郷佐原のあやめ祭り、今年も涼しげな花菖蒲が園内いっぱいに咲いていました。

小雨降る園内はいつもより人出は少なめ、ちょっと盛りが過ぎているからでしょうか。




d0024291_2340123.jpg

28日が祭りの最終日、まだきれいな花もたくさん咲いています。




d0024291_23401670.jpg

摘み取られた跡が目立つけれどまだまだ蕾もありました。




d0024291_23404241.jpg

江戸の頃より改良を重ねた花菖蒲、いったいどのくらいの種類があるのでしょうね。




d0024291_2341067.jpg

園内の水路を行く観光さっぱ舟、(昔の)娘船頭の竿さばきは年季が入っています。



撮影 2007.06.24 千葉県香取市水生植物園



去年のあやめ祭りは < こちら > からどうぞ

去年は潮来花嫁さんの嫁入り舟にも遭遇でした。
by tama.3photo | 2007-06-28 23:52 | お出かけ
あじさい遊歩道
d0024291_04433.jpg

多古町 「 栗山川 」 の両岸に10,000株のアジサイが咲いていました。

小雨が降り始めた昼下がり、やはりアジサイは梅雨空が似合います。




d0024291_064137.jpg

そろそろアジサイの季節も終わり、傷んだ花ばかりが目立ちきれいなものを見つけるのに苦労します。




d0024291_0122274.jpg

土の酸性度によって花の色が決まるという説があるけれど、赤や青に白もありますが本当はなに?




d0024291_071796.jpg

いいですね!

人前では手を繋ぎたがらない人が多い日本、こんなご夫婦が微笑ましい。




d0024291_074026.jpg

雨脚が少し強くなり 「 道の駅 」 から見る水辺に映えるアジサイ





あじさいまつり期間中の6月第3日曜日、 「 多古米献上まつり 」 も行われたようです。

昔は城主に献上したという多古米の俵をさっぱ舟に積み川を行くおまつりだそう。

残念ながら先週行われたようですが、それも見たかったですね。




2007.06.24 千葉県多古町 栗山川あじさい遊歩道

多古町は成田空港の東、九十九里海岸との間にあります。
by tama.3photo | 2007-06-27 22:00 | お出かけ
スイカロードレース
d0024291_1518473.jpg

千葉県富里市のユニークなマラソン、走る人も応援する人も楽しい 「 富里スイカロードレース 」




d0024291_1525238.jpg

さすが、先頭集団は走るフォームも速さも違いあっという間に走り去ります。




d0024291_15262382.jpg

さて、何がユニークなのでしょうか。

富里はスイカの里、市役所のモニュメントももちろんスイカ!

名産のスイカを全面に打ち出したイベントなのです。




d0024291_15281443.jpg

甘~いスイカを無料配布、ロードレース中の給水所では給スイカ ( もちろん水もあります )

参加者は給スイカをむさぼりまた走り出します。




d0024291_15352574.jpg

レースを終え疲れた体にスイカです。

レース参加者も応援する人もスイカ三昧の半日なのでした。





撮影 2007.06.24 千葉県富里市

千葉県成田周辺を車で走っていたら面白いイベントに遭遇しました。

ここは成田空港のすぐ近く、毎年ローカルニュースで見るスイカレースです。

実際に見ると笑えるイベントですが楽しいですよ。

無料でスイカも食べられるしね!


★ 前回のエントリ、 < スイカ娘 > はこのエントリの続きをアップしています。
by tama.3photo | 2007-06-25 22:45 | イベントと祭り
スイカ娘
d0024291_21494922.jpg

あっちもこっちも、 スイカ、 スイカ、 スイカ娘!

完走後はスイカで喉を潤すスイカ色のお嬢さん、見渡せばそんな人たちがたくさんいました。




d0024291_21525950.jpg

ゼッケンが見えますね、彼女もこのコスチュームで走ったようです。




d0024291_2153401.jpg

夫婦で参加、バルーンのブルマがちょっと笑えます。




d0024291_21541151.jpg

応援する人たちのコスチュームもかなり凝っていますよ、腰に下がるスイカも可愛い!




d0024291_21542942.jpg

それにしてもスイカのコスチュームが多い、これを着ることも愉しみなのでしょうね。




d0024291_21375794.jpg

コスチュームはスイカだけではない。

ナスじゃ走るにくいですよね?

タイムにはこだわらず参加することが楽しいのかな。




d0024291_21381846.jpg

目玉親父が何人も、お祭りに参加することに意義があるのよね、きっと!

by tama.3photo | 2007-06-25 22:40 | イベントと祭り
佐原あやめ祭り
d0024291_2256537.jpg

梅雨空、雨に濡れる花は花菖蒲が似合います


撮影 2007.06.24 千葉県香取市佐原
by tama.3photo | 2007-06-24 22:56 | お出かけ
庭に咲く紫の花
今回は紫の花ですが白い花とどっちが好きかと言われても迷うほど。



d0024291_035442.jpg

小さな花が次々に咲く「 ブ ラキカム 」 は和名は姫コスモス、多年草で毎年春から長く咲いてくれます。




d0024291_21143175.jpg

メドーセージはサルビアの仲間、春から晩秋までずっと咲き続けます。

色の爽やかさに反して蛇が口を開けたよう、触れるとハーブ系の強い香りが手を洗うまで残ります。




d0024291_21164145.jpg

キキョウ ( 桔梗 ) は秋の七草といわれるけれど、毎年かなり早くから咲き始めます。

本来は秋に咲くキキョウも園芸種は草丈も短く早咲きになっているようですね。




d0024291_2126187.jpg

ヒメアヤメは草丈15cmほど、小さくたってアヤメにソックリなのです。
by tama.3photo | 2007-06-22 23:41 | 庭の花
ノシメトンボ
d0024291_21264777.jpg

なぜかまだ真夏も来ないのにアカトンボを時々見かけます。

庭のコンワビスケ ( 紺侘助 ) に止まるアカトンボの仲間 「 ノシメトンボ 」

例年こんなに早くからアカトンボって見たかな?




東京も今日は久しぶりに雨が降り梅雨空が戻ってきました。

ジメジメ・ムシムシと梅雨らしい不快さ、なのになんだかうれしいようなありがたいような・・・

でも今日だけですって、明日はまた晴れて30度を越すそうですよ。

中国東北部出身の方が国にTELして聞いた話、まだ6月なのにロシア国境近くでは一昨日の気温が40度になったのだそう。

今までは真夏でも最高が33度だったのだとか。

エアコンのない地域でご両親はかなり参っている様子、地球が壊れてきているのかな・・・
by tama.3photo | 2007-06-22 00:00 | 虫たち
6月の白い花
例年なら雨の庭で咲く白い花たち、今年は陽射しが眩しいなあと思っているのかもしれませんね。



d0024291_22425934.jpg

ナツツバキ ( 夏椿 ) は10数年前の挿し木から大きくなったもの、この木の親はとうに枯れてしまいました。




d0024291_22434542.jpg

ハンゲショウ (半夏生 ) は昔の季節の呼び名 「 半夏生 」 のころ野山の湿地帯に咲くから。

また半分化粧をしたようにとも言われています。





d0024291_2244925.jpg

スパティフィラムは直射日光や寒さに弱いので1年中部屋の中にいます。

元々はジャングルの下草、少々薄暗くても毎年咲きます。





d0024291_22442550.jpg

ノイバラ ( 野茨 ) は富士山西湖畔で踏みつけられていたのを持ち帰えったものです。

さすがに元は元気な野生種なので根はどこまでも深く今はもう動かせないのです。





d0024291_22445131.jpg

シロヤマブキ ( 白山吹 ) は4弁、春早く咲く5弁や八重の黄色い山吹とは似ていても種類は違います。





梅雨時に咲く紫の花も涼しげだけれど、白い花の種類も多く爽やかです。

関東は梅雨入り宣言の日に1日限りの雨、あれ以来1滴も降っていません。

水不足になることは間違いなさそう・・・

毎日の花の水遣りにホースでザーザーは水の無駄かとバケツに柄杓で植木鉢へ、ようやく週末には雨が降るようですね。
by tama.3photo | 2007-06-20 09:48 | 庭の花
6月のバラ
d0024291_11113620.jpg

5月初旬に初めて咲いたバラ 「 エブリン 」 がまた蕾をつけています。

本格イングリッシュローズを育てるのはこのエブリンが初めて、思ったよりも育てやすくほっとしたのでした。




d0024291_11331998.jpg

ホームセンターの処分品として50円で売られていたミニバラ 「 ジュピター 」




d0024291_11333156.jpg

同じく処分品のミニバラ 「 ロイヤルホワイト 」 も元気を取り戻し次々に蕾を開いています。




葉が萎れたりチリチリになったものが安く売られているコーナーはお買い得品がいっぱいです。

これを上手くすれば生き返らせるのもダメモトで面白いものです。

我が家はそんなものが多いかも、もちろんどんな花色かは咲いてからのお楽しみでもありますね。





d0024291_11334996.jpg

そして先週から我が家にやってきた中輪の四季咲き 「 ハニー・キャラメル 」

色も形ももちろんだけれど、なんとも愛らしい名前ですね。





d0024291_1134362.jpg
こちらも同じく大輪の四季咲き 「アンドレ・ルノートル」

ベルサイユ宮殿のフランス式庭園の設計者に由来した名前なのだそう。

由緒正しき名前に恥じず数々のコンクールで受賞した品種です。

花も終わりで傷んでいますがバラの優雅な香りに癒されます。
by tama.3photo | 2007-06-18 11:50 | 庭の花
梅雨入りだというのに
d0024291_0224111.jpg

たった1日の梅雨、今日は30度を越す真夏日になってしまいました。





買い物を終えてスーパーの駐車場から空を見上げれば複雑な雲。

横に伸びる筋状の雲はなんだか不気味に感じられます。

この後は真っ赤に燃える夕焼けが見られたようです。
by tama.3photo | 2007-06-16 00:00 |