<   2007年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧
白梅と三線 ( さんしん )
d0024291_2041585.jpg

暖かさに誘われ次々に咲き出した白梅、春の訪れはあっという間だったけど冬らしい日ってあった?




d0024291_2043420.jpg





d0024291_2045333.jpg





d0024291_2051466.jpg





d0024291_2053465.jpg

花は初々しい咲き始めが一番好き。

満開が待ち遠しいのもあるけど、花たちもまだ瑞々しくエネルギーに満ち溢れています。

そして一気に花開いていく。

花に例えれば皆さんも私もこんな初々しい頃があったのよねえと遠い目で見てしまいます。

あれれ、かなりオバサン臭い感想になってしまった?




d0024291_21204879.jpg

梅園の近くで聞こえるのは沖縄の弦楽器三線 ( さんしん ) の音。

繰り返し、繰り返し、同じ曲を練習しています。

ゆったりと流れるリズムが心地いいですね。





休日のこの公園は様々な楽器の音が聞こえてくるんですよ。

ミュージシャンが集まる公園 > もどうぞ




今年は霜柱の心配がないからなのか、園内の通路に毎年見られるはずのむしろが敷いていないのです。

そういえば去年まで見た雪吊りも藁ぼっちもない・・、なんだか寂しいですねえ。

雪とはほぼ無縁な土地ですが雪吊りも藁ぼっちも冬の風物詩としてあったはずなのです。

この梅園のいいところは古木が多く目の高さに伸びる複雑な枝ぶり、ほころんだ花からは直に芳香が漂います。
by tama.3photo | 2007-01-30 22:03 | 小金井公園
紅い梅
d0024291_1815398.jpg

暖かい日が続き本格的に梅が咲き始めました。




d0024291_1822334.jpg

今日は梅もそろそろ咲き揃ってきたかなあと梅林まで出かけました。

咲いているのは白梅ばかりが数本、紅梅はまだ蕾がほころんだばかり。




d0024291_1823358.jpg

でもちょっと離れたところに見頃の紅梅を見つけましたよ。




d0024291_1824370.jpg


by tama.3photo | 2007-01-28 23:49 | 小金井公園
シロハラ
d0024291_234372.jpg

目の前をムクドリほどの大きさの鳥が地面を掘り返してはなにかを啄ばんでいました。

初めて見る鳥は 「 シロハラ 」 でしょうか、トリミングしていますがかなりハッキリ撮れましたよ。

こんな近くで撮れるなんてうれしいですね。

by tama.3photo | 2007-01-28 09:00 | 鳥たち
コサージュみたいな松ぼっくり
d0024291_20263147.jpg

所々にドライフラワーのバラの花のようなものが落ちていました。




d0024291_2026512.jpg

まわりには雄花もたくさん落ちています。

手に取ってみると松ぼっくりによく似ているような、見上げれば松の仲間のヒマラヤスギの大樹でした。

ヒマラヤスギは公園などでよく見られる大きくなる木、

雌雄の花が咲くのを今まで見たことがないのは20m以上にもなるからなのでしょう。

雌花がいつごろ咲き松ぼっくりになっていくのか見てみたいけど、脚立を持って来たって無理でしょうね。

コサージュのような松ぼっくり、なにかに使えそうな気もします。





d0024291_20283035.jpg

セイタカアワダチソウ、今までこの花の名はなぜ付けられたのか気にもしていませんでした。

この枯れた花を見て 「 これだぁ~! 」 と名前の由来を勝手に思い当たったのでした。

泡だつ?粟だつ?どちらの表現がいいのかなあ。

本当のところはどうなのかは知らないけれどそんな気がしてきました。

by tama.3photo | 2007-01-25 21:30 | 野の花
もうすぐ、もうすぐ、咲きそう
d0024291_23213666.jpg

暖かさに誘われて春探し、今年の梅の開花は早いと聞きどうなのかなと出かけました。

この紅梅は去年撮ったなあと思いながら見上げればかなり蕾が膨らんでいます。

うん~・・まだ早かったのかなあ、1輪ぐらい咲いているかと来たのにね。

日当たりがいいのに残念でした。




d0024291_23222410.jpg

もうちょっと探したら見つけましたよ、綻びかけた紅梅の蕾が明日にもはじけそうです。




d0024291_23223859.jpg

もう少し歩いてみますね、いつもの所に行ってみましょう。

ありましたよ~、この梅はどの木よりも早く咲くので去年も初めて撮ったのがここでした。




d0024291_23225226.jpg

咲き揃ってきていますね、蜂もお仕事をしていますよ。

何分咲きっていうのかしら、かなり開花が進んでますね。




d0024291_2323656.jpg

この木は全体を撮るとあまり見せたくないもの ( 墓石 ) が入るのでバックの欅が邪魔だけどこれが精一杯です。

もうちょっと歩いたけれど花盛りはこの木だけ、開花は週末で見頃は来月に入ってからでしょうか。

by tama.3photo | 2007-01-23 00:00 | 多磨霊園
野草、冬越しの姿
d0024291_166466.jpg

ヘビイチゴ?花が咲くか実がなるかしないと・・この葉っぱだけでは分かりませんね。

野草観察園入口に野草の冬越しの説明板があったので探してみたけれど、

花が咲かないと分からないものばかりです。




d0024291_1615811.jpg

これなにかなっていちいち入口の案内板に戻るのも面倒ですものね。




d0024291_1675948.jpg

ヨモギ、これならすぐ分かりましたよ。

念のために千切って嗅いでみたらとってもいい香り。

帰りに買って帰ろうかなと思ったのはヨモギをお餅に練り込みあんこが詰まった草餅です。




d0024291_1681713.jpg

双葉が顔を出していますが草の実ではなく木の実から芽を出した双葉でしょうか。




d0024291_16152530.jpg

先日の野川散歩の続きでした。

ユキヤナギが咲いていたけどかなり気が早いんじゃない?

暖かさに誘われ咲き出してしまったのかな?

by tama.3photo | 2007-01-21 16:49 | 野の花
野川の鳥たち
d0024291_20591060.jpg

左は冬の渡り鳥 「 マガモ 」

クチバシの先が黄色いのは1年中見られる 「 カルガモ 」




d0024291_2101093.jpg

全身真っ白な大きな鷺、クチバシが黄色いのでダイサギのようです。




d0024291_2103356.jpg

こちらはかなり小さいのでコサギですね。



d0024291_2104541.jpg

驚いて一斉に飛び立つムクドリたち、驚かしてごめんね。




d0024291_211330.jpg

小さな鳥がいればそれを狙う猛禽類もいるわけです。

むごいとは思わないけれどあたりに散る羽根にちょっとドキッ!




d0024291_2112134.jpg

目の前を小さな鳥がスイスイ。

やっと止まったところをパチリ これではなんだか分からないですね。




d0024291_2113595.jpg

超拡大して見てみましょう。

後ろ姿なので特徴の胸の黒いネクタイが見えませんがシジュウカラでした。





カメラを持って出かけたのは連休以来、久しぶりに野川まで散歩です。

買い物に出た途中の急な思いつきだったので残念なことに標準レンズだけ、この大きさが精一杯。

鳥を専門に撮る人たちを見れば三脚と長いレンズを装着して肩に担いでいます。

鳥を撮りたいとは思っても装備を考えればそこまでは踏み込めません。

せいぜいズームレンズで小さく狙う程度、

もっと大きくと1歩踏み出せば逃げられてばかりだから私にはこれ以上は無理ですね。
by tama.3photo | 2007-01-19 22:25 | 鳥たち
部屋の中の鉢植え
d0024291_17521862.jpg

リーガーベゴニアは冬の室内には欠かせない花、

ポインセチアやシクラメンと共に秋になると園芸店にたくさん並びます。

この花は夏越えに成功したことがないので毎年買ってます。

今年はもうちょっと上手く管理してみたいですね。




d0024291_17524055.jpg

アザレアは日本のツツジやサツキがヨーロッパに渡り改良されたもの。

寒さには弱いらしいのに真冬に花盛り、育てるのは初めてだけど本来の花期はいつなんでしょう。





今、室内で咲いているのはこの2種類、冬の陽射しが柔らかく当たり次々に咲いていきます。

今日は曇りから雨、陽射しがなく寒い日だったけど花があるだけで室内の雰囲気はちょっと違います。

花の少ないこの季節、常に花を目にすることが出来るので鉢植えは欠かせませんね。
by tama.3photo | 2007-01-17 23:04 | 庭の花
春なのか、冬なのか、花も迷います
d0024291_16425770.jpg

一足、二足?

もしかしたら三足も早いのかも。

桜草はもう春が来たと思ったかな?

今年はかなり早い松の内からの開花、柔らかい緑がもう早春のようで新鮮に映ります。




d0024291_16431484.jpg

こちらは冬だとは思っていないのかも。

10月から咲き続けるコリアンダーはまだ蕾がたくさん残っています。




d0024291_16432510.jpg

スパイスに使うには実が緑からベージュに変わり始めたころ収穫して乾燥とあるけど、いつまでもこのままです。

まだ青々として柔らかそう、収穫するにはもっと待たなくていけないのかしら?





誰もが言うように暖かい冬、梅の開花も聞こえてきそうです。

今日の気象庁発表でも 暖冬、 「 高温多雨」傾向、今後も続く 」 でしたね。

思うように雪が積もらないこの陽気にスキー場は泣いていることでしょう。
by tama.3photo | 2007-01-15 17:26 | 庭の花
北総の正月風景 寺社めぐり
d0024291_9452547.jpg

千葉県香取市佐原から利根川を渡って茨城県稲敷市 ( 旧桜川村 ) 大杉神社へ行ってきました。

茨城県といっても古い地名は千葉県と同じ下総の国なのです。

12月31日の夕刻に行われる神事 「 年越しの大祓え 」 の茅の輪が残っていました。




d0024291_946297.jpg

拝殿は華麗な装飾が施された大杉殿、日光東照宮のような美しさですね。




d0024291_21534237.jpg

千葉県に戻って成田空港近くの芝山仁王尊へ、小さな草鞋を絵馬に結んで奉納します。




d0024291_21553470.jpg

夕暮れ時の仁王尊境内には今日が正月最後の出店の露天商、強風の中で後片付けをしています。

7日は爆弾低気圧が吹き荒れ各地に被害が出た日、昼過ぎから強い風が出てきました。




d0024291_2211510.jpg

芝山仁王尊は成田の第一滑走路南端、

強風に機体を傾けながら本堂の屋根に突き刺さるように着陸していきます。






芝山町はたくさんの空港反対派が活動していたところ、今も北原派だけが闘争を続けています。

この日も 「 廃港になるまで闘う 」 をスローガンに今年初めての集会を開いていました。

そのためか警戒の検問があちこちにありました。




年越しの大祓えとは

茅の輪をまたいで左に回って戻る、またいで右に回って戻る。

またいでもう一度左に回って戻る。

またいで拝殿へ、これが正しい茅の輪くぐりの作法です。

千年以上も続く大祓え ( おおはらえ ) は6月30日の 「 夏越し ( なごし ) の大祓え 」 と年二度行われます。

半年の罪や穢れを紙の人形 ( ひとがた ) に移し神様に祓い清めていただき、

新しい年を迎えたり暑い夏を乗り切るための神事だそうです。

各地の神社で行われているとは書いてありますが、

夏越しの大祓えの茅の輪 > はいくつかの神社で見たことがあっても年越しの大祓えの茅の輪は初めて見ました。
by tama.3photo | 2007-01-10 23:43 | お出かけ