<   2006年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧
紫陽花いろいろ2006
d0024291_2255264.jpg

小振りの花がたくさん集まり大きな塊になる玉咲き品種の紫陽花。

淡いグリーンが素敵だったのに・・、この名前は分かりませんでした。





名前の分かった紫陽花をアップしました。



d0024291_2262691.jpg

江ノ島のひかり




d0024291_2264533.jpg

柏葉アジサイ




d0024291_2212268.jpg

雪化粧、花ではなく斑入りの葉を鑑賞する品種だそうです。




d0024291_22121993.jpg

ノリウツギミナズキ




d0024291_2274336.jpg

姫アジサイ





先日 < 高幡不動 > に出掛けた時に撮ったもの。

お寺の方によるとここは170種もの紫陽花があるそうですよ。

もっともっとたくさんあったのにどれがどれだか・・・。

混乱して名前が分かったのはこれだけ。

う~ん・・・、紫陽花も奥が深い・・・。
by tama.3photo | 2006-06-30 22:16 | お出かけ
佐原で出会った花たち
d0024291_915387.jpg

矢車草の青が好き、いつだったか、どこだったか、この花が見渡す限りに咲いていました。

もう一度見てみたいなあ・・・。




d0024291_92546.jpg

睡蓮と蓮の違いって分かりますか?

葉と花が水面から伸びる蓮とは違い睡蓮の花は水面に咲き葉には切れ込みがあり水面に広がります。

レンコンは作らないとか・・まだまだ違いいっぱいあるらしい。




d0024291_921947.jpg

蓮ももうすぐ開花、来月はハスまつりだそうです。




d0024291_923279.jpg

キンレンカまたはナスタチューム、葉や花はサラダで食べられるそう。

花をひとつ内緒で摘み食べてみたらちょっとほろ苦いようなサラダ菜のような味でした。




d0024291_925095.jpg

ザクロの実が最近注目されていますが、更年期障害にいいとかなんとか・・・。




d0024291_93356.jpg

ノカンゾウは春の若芽を茹でて和え物、花は天ぷらが美味しいんですって。

調べると食べられる花って案外多いのね。




d0024291_931675.jpg

そして最後は花菖蒲、やっぱりここでは1番の主役ですね。




撮影 佐原水生植物園
by tama.3photo | 2006-06-29 22:00 | お出かけ
佐原は早くもおまつり気分
d0024291_702113.jpg

千葉県香取市佐原(旧佐原市)の市街を通ったら祭囃子と威勢の良い声。

巡行していた山車は小野川沿いに1台、あやめ祭りに合わせた観光用らしい。





★ のの字廻しがすごい ★



d0024291_745632.jpg

お囃子に合わせ10mほど綱を引き進んでは踊りを披露。

辻では山車の方向転換 『 ののじ廻し 』 の技を力いっぱいに見せ付ける。

2本の丸太で車輪の舵を取り人力で踏ん張り何周も回転、

道路に丸く描かれたものは車輪の擦れた回転跡、これが 『 ののじ廻し 』 の名の由来です。

川越で見た山車の方向転換はジャッキや金テコを使っていたのでこれは感動ものですよ。






d0024291_752218.jpg





佐原ってどんなとこと思われた方、 < 小江戸佐原会 > どうぞ

本番の 『 佐原の大祭夏祭り 』 は7月14日(金)~16日(日)、こんなのが10台も見られます。

秋には 『 佐原の大祭秋祭り 』 、10月13日(金)~15日(日)、こちらは14台が巡行します。

お祭り好きな私としては今からワクワク、どちらかにまた行くつもりですよ。

佐原の大祭夏祭り > は八坂神社の祇園祭り
by tama.3photo | 2006-06-28 07:18 | イベントと祭り
あやめ祭りに行ってきました
あやめ祭りと言うけど本当は花菖蒲、きれいならまあどっちでもいいですよね。

始めに訪れたのは水郷佐原水生植物園です。



d0024291_7545624.jpg

『 町娘 』 、この花の名だけは覚えましたよ。



d0024291_853432.jpg

娘(?)船頭の操るサッパ舟で園内の水路を一周出来ます。




d0024291_87885.jpg

あやめ祭り今日が最終日です。

今年は春に肌寒い日が続きちょっと遅れ気味らしくまだきれいに咲いている花がたくさんあります。




d0024291_872916.jpg

終わった花を摘むのも大事な手入れ、こんな衣装での作業は絵になります。

ここに限らずあやめ祭りに関わる女性は全員この姿、遠くからでも目をひきますね。




d0024291_8742100.jpg

園を後にし潮来に向かう途中エンジン音に気づき橋の上で待っていると十二橋めぐりの周遊船。

水郷地帯をどの船もおばちゃん娘船頭が操作し生活の場のような狭い水路を巡っているんですよ。

水郷のおばちゃん本当には逞しい。




d0024291_875917.jpg

千葉県との境の川を越え茨城県潮来市にある前川あやめ園の水郷潮来あやめ祭りへ。

こちらの花菖蒲は見頃を過ぎガッカリしていたら嫁入り舟が出るとのアナウンスがありました。

なんとか隙間を見つけて嫁入り舟を撮りましたよ。

by tama.3photo | 2006-06-27 08:35 | イベントと祭り
上野のお山の路上ねこ
d0024291_0235245.jpg

上野公園のホームレスたちと暮らすねこちゃん。

アメ横が近いからか魚のアラがご飯のよう。

毛並みもよく丸々とした子が多いみたい。

by tama.3photo | 2006-06-26 00:00 | 路上ねこ
夏越しの茅の輪くぐり ( なごしのちのわくぐり )
d0024291_8243799.jpg

新宿中央公園の北西にある < 熊野神社 >

初夏、大きな神社を訪れると見かける茅の輪、写真を撮るようになって最近知りました。




d0024291_8251923.jpg

熱心に拝むこの方はなにをお願いしているんでしょうね。






d0024291_8261212.jpg

どうぞご自由にお取りくださいとあったので頂いたもの。

開けてみたら人の形の形代、この形代を神社に納めます。





d0024291_8263617.jpg

なにが書いてあるのと気になる?もっと詳しく知りたい方のために。




d0024291_859553.jpg

形代が入っていた封筒の裏側は・・





d0024291_8265695.jpg

茅の輪越しに見る都庁、なんだか過去と現在が交差する空間です。






★ 茅の輪ってなあに?と思った方 ★

茅の輪をくぐる作法があり8の字を書くように回るそうです。

1回目、茅の輪をくぐり左から回って元に戻る。

2回目、茅の輪をくぐり右から回って元に戻る。

3回目、茅の輪をくぐり左から回って元に戻る。

そして、茅の輪をくぐって拝殿。

これで夏を健康に無事過ごせるそうなので私ももちろんくぐりましたよ。




どんなに便利な世の中になっても心や体の中は過去の日本人の血が流れているか、季節の節目は気になるものです。

私はこの形代にどんな穢れを託さなければいけないのかじっくりと考えることにしましょう。

茅の輪も夏越しの祓いも検索にないと言うことはあまり一般的ではないのかな?
by tama.3photo | 2006-06-24 09:14 | 街歩き 新宿と周辺
ミニスイレンが咲いたよ
先日のミニスイレンのその後をお見せしましょう



朝8時 
d0024291_551211.jpg




朝10時、8部咲き
d0024291_5541480.jpg

晴れた日はもっと大きく開花するんですが今日は曇りなのでこれ以上は開かず。

午後には上のような状態に戻ってました。

午後5時には完全に閉じてしまい、これを3日ほど繰り返すともう終わり。

後は閉じたまま朽ちていきます。

6月から8月まで週に1個づつ咲いてくれるんですよ。



d0024291_554263.jpg

この花はミニと言われるようにとっても小さくほぼ実物大、小さな睡蓮鉢で育てられます。





うちでは大きな鉢にスイレンの鉢を沈めています。

正式な品種名は忘れました、だってもう6~7年も前なんで覚えていません。

今調べてもどれだったかハッキリしないのでもうどうでもいいや。




d0024291_616196.jpg

最近までいた金魚たち、ボウフラ対策で毎年飼っていました。

鉢の位置が高いのでネコちゃんはこれにはイタズラしませんが今年は病気で全滅でした。

この水を飲みにスズメ、シジュウカラ、キジバトたちが来るんですよ。

人の気配を感じるとすぐ飛んでいってしまいます 。

by tama.3photo | 2006-06-23 06:22 | 庭の花
もう少し、もう少し、
d0024291_22163169.jpg

待ちきれないものってありますよね。

去年はたくさんの花を咲かせた夏椿、今年の花芽は2個だけでした。

気になって何回も見に行っていました。



d0024291_2216516.jpg

今年はたくさん採れそうなブラックベリー、たくさんと言っても40個ぐらいなんですけどね。

毎年色づくそばからヨーグルトに投入、ジャムになったことはありません。

理由は待てないから。




d0024291_2217385.jpg

今にも弾けそうなクチナシ、これも去年樹形を整えるため切り過ぎて花つきが悪く今年は寂しい一個。

来年に期待しましょうね。







★ ショックだったこと・・

10日ほど前から庭に居ついていた子猫2匹づれの親子がいました。

1匹は元気に飛び回っていたがもう1匹は一回り小さくあまり元気がない。

気になって見に行くと車の陰に隠れ親猫が威嚇する。

車で出掛ける時も帰る時も轢いてしまわないか心配で下を何回も確認していた。

家族は飼うことに大反対。

家の中にオカメインコがいるのもあるけど私がまたいつ体調を崩すかってこともあるしね。

このごろ親子見ないねって言ってたのに・・・。

月曜の昼過ぎに3日ぶりに車を出そうとしたら庭がとっても臭い。

もしやと車の下を見たら・・・・・。

そういえば金曜ごろを最後に親子の声が聞こえなくなっていた。

車の下で雨宿りしてもどしゃぶりの雨で体温を奪われたのか。

自然の摂理とは分かっていてもこんな仔たちを作ったのはやっぱり人間。

この仔の毛並みを見れば近所の外飼いのあの猫の仔だろうと思う。

家の中で飼えないならせめて手術だけはしてほしい・・・。

可愛がるだけが愛猫家ではない!!
by tama.3photo | 2006-06-21 23:17 | 庭の花
曇り時々どしゃぶりの朝の庭 
夕べからの雨、強かったですね。

朝、雨の合い間に庭に出てみれば今日開花したばかりの花たち。




キキョウ ( 桔梗 )
d0024291_12495797.jpg

毎年の疑問、秋の七草って言われるのになんで今なの?
 

そんなことより、この花はちょっと悲しい童話 『ごんぎつね 』 を思い出します。




ミニスイレン
d0024291_13204955.jpg

ちょこんと水から顔を出しているのは2番目の花なんですがもう少しで開花しますよ。

先日咲いた花は撮ったんですが、花の縁が少し枯れはじめ写りが悪たったのです。

この花が咲いたらまたお見せしますね。




ノバラ
d0024291_13211068.jpg

このバラは何年か前に岩の間に茂っていたんですが、踏みつけっれボロボロ。

採ろうとしたら根が深くて悪戦苦闘。

元は野の花、すごい生命力で植木鉢の下から根を伸ばし這いずり回って動かせなくなりました。

う~ん、困った!




d0024291_13212041.jpg

もう1つ咲いた花の周りの葉っぱが幼虫の食害で無残なことになっていました。

割り箸でつまんでお引取り願いました。

by tama.3photo | 2006-06-18 13:29 | 庭の花
ヤブレガサ(破れ傘)ってわかるかな?
d0024291_15343015.jpg

どしゃぶりの雨が午後から上がったので庭に出てみると破れ傘がちょうど見頃でした。

何年も家にあるのに、この地味な花を咲かせたのは去年から。

それも1本だけ、じっくりと見たのは初めてかも。




d0024291_15344386.jpg

美しいとは言われないけどそれなりに繊細な作り。

小さなシベの形が面白いのでトリミングで大きくしてみました。




d0024291_1535828.jpg

ちょっと汚い葉ですが止まっている5mmほどの虫はなんでしょうね。




d0024291_15352541.jpg

破れ傘の名前はこの若芽から、破れてボロボロになった番傘に見立てているんですよ。

若芽のころ、今年はちょうど留守で見られなかったのでこれだけは2年前の写真です。

生垣の下でこれを見つけるのも楽しみ、だって見逃すとすぐ葉を開き大きくなってしまうから。

by tama.3photo | 2006-06-16 22:00 | 庭の花