<   2006年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧
やっぱり薔薇でしょう
d0024291_11174554.jpg

なんだか赤い薔薇ばかり、本当は白、黄色、ピンクとたくさんあったのにね。




d0024291_1118116.jpg

写真を撮り始めて気が付く、メモがなくては名前なんか覚えられないじゃありませんか。

何度もメモを忘れて失敗していたのに学習しない人です。

メモをとっても後で写真と照らし合わせて結局どれだったか分からないことのほうが多いんですけどね。




d0024291_16313578.jpg

今日はカンカン照り、日傘や帽子は必需品なのに・・・。

これまた忘れるというドジップリに自分でも呆れます。




d0024291_16314817.jpg

藤棚は涼しい風が吹き抜けしばしの休憩、この下で休んでたほうが多かったんじゃないかな




d0024291_1784685.jpg

『 百万本のバラ 』 なんて歌がありましたね。

最後に 『 これでもか 』 というほどの薔薇を皆さまに差し上げましょう





5月も今日でおしまい!

5月と言えば 『薔薇』 この花を取り上げないことには5月は終われない、と勝ってに思い込み神代植物園へ久しぶりのお出かけでした。
by tama.3photo | 2006-05-31 17:00 | お出かけ
紫の花が好き~♪
d0024291_22424334.jpg

ブラックベリーは淡い薄紫、甘酸っぱい真っ黒な実はお菓子やジャムになるけどウチのはまだ小さな木。

去年は10個ぐらいしか取れなかったので色づくとすぐ食べちゃった。

今年はまあまあ蕾があるから30個はいけそう?

やっぱりジャムじゃなくすぐ食べちゃうんだろうな、だって待てないんだもん♪




d0024291_22432637.jpg

玉シャジン ( 玉沙参 ) はヨーロッパで改良された種でカンザシのようなぽんぽん咲き。

シャジンはツリガネニンジンなどの仲間で本来は山に咲く花。

なかなか殖えないけれど毎年爽やかな花を開いてくれる。




d0024291_2243546.jpg

スカビオサ ( 松虫草 ) この花も爽やかな紫。

なぜ何年ももたずに枯れるのかやっと分かった、何回買って枯らす花だと諦めてたら二年草だったのね。






早春は白や黄色の花ばかり。

そして色鮮やかな春本番を向かえこの季節はこんな色合いの花が多いような気がする。

私がこんな色が好きで集めただけかな?
by tama.3photo | 2006-05-30 22:56 | 庭の花
落葉樹の下は山野草
ムサシアブミ ( 武蔵鐙 ) は逆さまにすると武蔵の国で作られた馬具の鐙の形に似ているところから。
d0024291_1125445.jpg

知らないで草取りをしているとちょっと怖い。

だって大きな葉の下で蛇が鎌首上げているみたいに見えるでしょ?

でも珍しいんですよ。

この仲間にマムシソウがあるけれどもっと色がグロテスクらしいです。




ウマノアシガタ ( 馬の脚形 ) またはキンポウゲ ( 金鳳花 ) 、花に光沢があり反射してなかなかうまく撮れない。
d0024291_11241533.jpg

近所の方に金鳳花だと言われて頂いたもの、花事典によると金鳳花はこの花の八重咲きのことだとか。

我が家にも八重の金鳳花もあったけど、いつの間にか姿を消している。




クレナイヤマアジサイ ( 紅山紫陽花 ) は今年初めての開花しました。
d0024291_1126721.jpg

咲き始めは純白なのにだんだん紅色に染まっていくのが印象的。




フタリシズカ ( 二人静) は花穂が2本立つところからの名づけられる。
d0024291_1128554.jpg

二人静はリュウノヒゲ ( 龍の髭 ) に根が絡まっていっしょに我が家に来たらしい。

でもウチのは栄養がいいのか花穂が5~6本も立つので2本が珍しいくらい、過保護はダメみたいね。





我が家は四方を隣家と接っし塀や生垣に囲まれ日当たりはあまりよくないのです。

花や木は植木鉢で小さく育て季節ごとに光を求めて動かし塀際だけは落葉樹を地植えしています。

この落葉樹の下が山野草にはいい環境のようで山や林に育つ草花が元気なんですね。

この他にもエビネ・シャガ・ホウチャクソウ・ユキノシタなどの半日陰を好む花たちがありますが写真を撮らないうちに終わっていました。

な~んてね!

いかにも風流な庭みたいだけど、狭く湿気の多い場所ばかりなのでシダや苔の退治が悩みの種なんです。
by tama.3photo | 2006-05-26 11:38 | 庭の花
この虫さんはなあに?
d0024291_9464683.jpg

ヒルザキモモイロツキミソウ ( 昼咲き桃色月見草 ) を撮っていたらなにやら黒い虫がゴソゴソ。

見た感じはカナブンのような形と色なんだけど、これじゃあよく分からない・・・。




d0024291_947839.jpg

この虫の動きが面白い、花の中をひっくり返りながら手足をバタバタ忙しく動かし体中が花粉だらけ。

転げ回っているという表現がピッタリな虫はなんだろう?

そう言えばこれに似たような動きを時々見ますね。

ショッピングセンターのキッズコーナーのボールプールで遊ぶ子供に似ていると思うの。

絶えず動き回る姿がそっくり!





追記・・・この虫はコガネムシの仲間で花粉を食べるコアオハナムグリのようです。
by tama.3photo | 2006-05-25 10:00 | 虫たち
我が家の絶滅危惧種
d0024291_728025.jpg

何年たっても小さな株のままのピンクの都忘れ

そんなに謙虚に生きなくても、もうちょっと図太く生きてほしいわ。

従来の薄紫の都忘れはどんどん増えるのに改良種は生き延びる力が弱いのかなあ~。

濃い紫の都忘れもいつの間にか姿を消していました。




d0024291_7353429.jpg

これで3代目のウキツリボク(アブチロン、チロリアンランプ)はウチには合わないのかな?

何年か元気なんだけどやっぱり弱ってくる・・・

去年の暮に枯れかかっていたのがやっと持ち直してくれたので大事にしなくちゃ!






d0024291_735516.jpg

生垣の下に蔓延るのは八百屋さんで売られているあの食べるセリ。

根の出た茎を植えたらあっという間、抜いても根が残っていたらしく、また今年もセリ畑です。

美味しそうに見えるけど元気が良すぎて煮ても硬くて食べられない・・。

新芽の先だけ刻んで香りづけに使うくらい、こちらはもっと謙虚に生きてほしいのよ。
by tama.3photo | 2006-05-23 07:41 | 庭の花
雨にも負けず、風にも負けず
d0024291_934791.jpg

ヒメカンゾウ ( 姫萓草 )

青い空にどこまでも黄色い花、ずっとず~っと以前蓼科の車山で見た一面のキスゲへの憧れ。

よく似たこの花を買ったけど花つきが悪かったので明るい所に植え替えたらよく咲いてくれます。

高校生だったころが甦る花。




d0024291_95779.jpg

クチベニシラン ( 口紅紫蘭 )

赤紫のシランは今どこでも花盛り、でもこの花は一部ピンク色がほんのり、おちょぼ口のようでしょ?



d0024291_911212.jpg

フウロソウ ( 風露草 )

何年も我が家にあるのにやっと今年名前を知った花です。

上を向いて咲く花だけど今日は雨の重みでうつむいています。

これは園芸種だけど山に自生する風路草の仲間はたくさんあるらしいですね。





強い風雨に庭の花たちを心配したけどきれいに咲いていていました。

昨日はどうなってるのって言うくらい暑かった~!

そして午後からは天気予報が的中しすごい雨と風、めまぐるしい天気に振り回された1日でした
by tama.3photo | 2006-05-21 09:00 | 庭の花
街の中も花盛り
d0024291_9205221.jpg

ツツジは春、サツキは初夏に分類されるらしい。

なので連休も過ぎたことだしもう四季としては夏と呼ぼうかな。

このところの雨続きでもまだ梅雨とは言えないらしいし、初夏というにはピンとこないですね。




d0024291_9214981.jpg

サツキの植え込みの中からツンと伸びたハルジオン?

ヒメジオンとの区別は茎の中が空洞とか葉が茎を巻くとからしいがこの写真ではどっちか分からないですね。




d0024291_9225226.jpg

ノゲシも植え込みの中から伸びています。

花はほかにも探せばまだまだあるけれど傘を差してではうまく撮れないですね。




d0024291_9233575.jpg

ビルの中ではタイサンボクのディスプレイがお出迎え。

艶々の葉っぱに真っ白な花弁、果実のようなシベは造花かと思いました。

高い木に咲く花は撮れないけれど、こんな都会のど真ん中で初めて真近に見たわ。




d0024291_9245548.jpg

★ こんな人たちに出会いました。

このお兄ちゃんたちはルミネtheよしもとの漫才コンビ。

修学旅行生を相手にさわりだけを披露、このあと記念撮影にも応じていたよ。






都庁前の植え込みに咲くサツキ、どこもツツジが終わりサツキに代わってきたようです。

この違いを調べてみたらサツキの正式名はサツキツツジ、ツツジの仲間でサツキ。

あ~ 、ややこしい・・・。
by tama.3photo | 2006-05-19 09:30 | 街歩き 新宿と周辺
下谷・レトロな建物たち
d0024291_922551.jpg

フーテンの寅さんの映画に出てきそうな長屋でしょ。

どこからか 「 おーい、タコ社長! 」 なんて聞こえてきそう。

昔はプライバシーなんて無縁な生活、助け合って生きていた頃の建物ですね。




d0024291_9222069.jpg

震災後の下町の商店独特の看板建築。

表が立派な3階建てに見えるけど裏は普通に勾配のあるトタン屋根。

壁面の装飾がオシャレでしょ。




d0024291_9233128.jpg

この歯医者さんの中には最新の機械が入っているよ・・、ね!

まさか古くはないでしょ!

昔はハイカラと言われたのかな、右から読むのがとってもいい雰囲気出してますねえ。





今日は1年半前の写真から、上野から浅草まで歩いた時のもの。

ここは朝顔市で有名な下谷神社の近く。

お天気が悪いので写真を整理していたらよく色んなところを歩いていたなあと思って。

とっても懐かしい建物は現役バリバリ、建物園などに移築した展示物ではないですよ。

上野周辺は戦災で焼かれずに済んだところがたくさん残っています。

関東大震災では大きな被害にあっているから震災後から昭和初期にかけての建物が多いのでしょう。
by tama.3photo | 2006-05-17 09:47 | 街歩き
もらった人?あげた人?
昨日は母の日でしたね
あなたはもらった人?あげた人?両方の人?
d0024291_14432974.jpg

いったいどのくらいのカーネーションがこの日のために出荷されたのでしょう
想像も出来ないくらいですね
d0024291_144404.jpg

さて、うちでは私も母も「欲しいものないよ」といつも言っているので花束でした
d0024291_14443121.jpg


この花を撮ったものは
by tama.3photo | 2006-05-15 15:07
過ぎ行く春・紫の花
d0024291_2254884.jpg

三寸あやめ

我が家 ( 墓 ) のお隣に咲いていた小さな種類のアヤメの仲間。




d0024291_2261283.jpg

マルバシャリンバイ ( 丸葉車輪梅 )

紫の花ではないけれど実は濃い紫になるから、無理矢理のこじつけです。




d0024291_2262616.jpg

キツネアザミ ( 狐薊 )

狐は騙すにせ物と言う意味があり 「 アザミかと思ったら違うじゃん 」 ということで名前が付いたらしい。

狐にとってはいいい迷惑、 「 勝ってに間違えたんでしょ! 」 って怒ってるかな?




d0024291_2263870.jpg

これは?

カラスノエンドウやスズメノエンドウはもっと小さいし、これは植え込みに覆いかぶさるくらい大きい。





昨日の続き、5月9日撮影の多磨霊園に咲く紫の花たち。

霊園で寝そべっているおばさんは怪しいんでしょうか。

自転車で巡回中の警備員のおじさんが寄ってきてじっと見ていたがな~んだという顔をされました。

「 置き引き多いから気をつけてね 」って言われてから慌ててバックを引き寄せます。
by tama.3photo | 2006-05-13 22:14 | 多磨霊園