カテゴリ:生き物( 34 )
小さな小赤の運命は
d0024291_22443879.jpg





小赤はペットショップで40円前後の値で売られている小さな金魚です。

別名はエサ金、高価なアロワナなどの肉食魚の生き餌としての扱いなのです。

食べられるために売られているのはちょっとね。

今まで色々と生き物を飼っていた身とすれば感傷的になってしまいます。

豚などと比べればどうってことないと言われるかも知れませんけれどね・・・。
by tama.3photo | 2014-09-21 22:00 | 生き物
金魚でボウフラ対策
d0024291_2283694.jpg





今まで睡蓮の鉢を沈めていた大きな鉢、何年も花を付けず細かい糸のような藻が繁殖していました。

藻を取り除いてもまたすぐに繁殖、ボウフラ対策のメダカも絡まって死んでしまうくらいです。

藻の元を断つために睡蓮の鉢を取り除く事を決心。

大きな鉢を徹底的に洗い小赤と呼ばれる小さな金魚を飼うことにしました。

これでボウフラ対策は万全でしょうか?

元々の蚊の棲みかの草むらを徹底的に草取りをしての対策ですけれどね。

とんでもないくらいの重装備に蚊取り線香と殺虫剤、2日かけての重労働で腰は悲鳴を上げています。




こんなにきれいな睡蓮が咲いていたんですけれどね・・・。

2007.07.31 < 睡蓮とメダカとヤゴの関係>もどうぞ
by tama.3photo | 2014-09-20 22:25 | 生き物
雨の中の蛙
d0024291_2229746.jpg

雨が降る中道路でじっとしていたガマガエル。

スマホを向けると塀際にノソリと逃げてしまいました。

それでもまたじっと動かずカメラに収まってくれました。





我が家の近くで撮ったのですが近くに川も池もなし、どこでタマゴを産みオタマジャクシになるのか。

近所の庭に池でもあるのでしょうか。
by tama.3photo | 2014-08-16 11:00 | 生き物
暑~い!
d0024291_22184937.jpg

梅雨が明けてジリジリする暑さがやって来ましたね。

by tama.3photo | 2014-07-23 22:00 | 生き物
カナヘビの曲線美
d0024291_2219547.jpg

わっ、いい感じ!

苔むした石に沿ってたたずむカナヘビ。

トカゲを美しいと思ってしまうのはおかしいかな?

ひなたぼっこをする姿がかわいいとさえ思ってしまう。





2013.09.17 < カナヘビの雨宿り > もどうぞ

2013.04.17 < カナヘビの日向ぼっこ > もどうぞ

2012.08.21 < カナヘビとトカゲのしっぽ切り > もどうぞ
by tama.3photo | 2014-05-29 22:24 | 生き物
井の頭・雨は嫌い?
d0024291_1218370.jpg

ヤギもニワトリも皆で軒下に雨宿り。




d0024291_1218143.jpg

ツシマヤマネコも雨が当たらない狭いスペースでお昼寝。




d0024291_12183582.jpg

おさるも雨が嫌いなのか、あちこちで雨宿り。





一日中降り続いた雨に入園者が少なくひっそりとした井の頭文化園、動物たちも雨が苦手なのでしょう。

動きが少なく面白くはないと思ってはいてもつい寄ってしまいましたがいつもとは違った面も見られました。
by tama.3photo | 2014-04-04 11:43 | 生き物
新宿中央公園、白糸の滝の生き物
d0024291_22501091.jpg

昨日は啓蟄、虫も這い出すといいますがカエルも目覚め繁殖期を迎えたようです。

これを撮るのもどうかと思われるのかも、自然界では何も恥じることではないのですよね。

新宿中央公園の人工の滝に地中から目覚めたカエルたちが集まっているようです。




d0024291_22503496.jpg

滝に打たれるカエル、修行をしているのかと思うほどじっとしています。




d0024291_22503627.jpg

去年の画像から、去年まではカメ以外見られなかった光景になぜなのかと考えてみました。




d0024291_2251455.jpg

去年の画像から、外来種のミシシッピアカミミガメを撮っていました。





このカメは小さい頃はミドリガメと呼ばれペットとして飼われていたものたちのようです。

ミドリガメの本当の名はミシシッピアカミミガメ、大きくなり飼いきれなくて放たれたのでしょう。

今どこの水辺でも生態系を破壊すると問題になっています。

今年の2月にはこのカメの輸入が禁止され自然への放流も禁止されました。

いずれ飼育にも規制が掛ると思われますが、都立公園では他に先駆けて対策を講じたのでしょうか。

昔から日本に棲むガマガエル、本来の生物が出現したのかと思っていますが真相はいかに?
by tama.3photo | 2014-03-07 23:31 | 生き物
井の頭のニホンリス・3
d0024291_23271989.jpg

気になる彼女を見つけたのか、しきりにアプローチ。




d0024291_2327307.jpg

怒られて一瞬ひるむオス。




d0024291_23274771.jpg

それでもしつこく追いかけて・・・。





d0024291_2328085.jpg

またまた追いかけて・・・。

ずっと気を引こうとまつわりつくオス。

しまいには逃げるメスを追いかけて園内を走りまわっていましたが・・・、結果はいかに?

「 男はつらいよ 」 ですか?

by tama.3photo | 2013-12-21 23:51 | 生き物
井の頭のニホンリス・2
d0024291_2152489.jpg

リスと言えばクルミをかじる姿がおなじみですね。




d0024291_21521688.jpg

木の枝で居眠りをするリス、無防備な姿に思わず笑ってしまう。




d0024291_21522081.jpg

冬毛に覆われコロンとした姿が愛らしい。




d0024291_21523337.jpg

丸太の空間が気に入ったのか出たり入ったりを繰り返すリス、空洞に何か隠しているのかも。





井の頭自然文化園のリス舎は大きなゲージの中を人が散策できるようになっています。

出入口は二重の扉でリスが出ないようになっています。

去年6月の台風による倒木でリス舎が破損しリスが逃げてしまいました。

ところがほとんどのリスはお腹が空いて戻って来たのだとか。

大きなゲージの中で野生のように暮らしても餌は用意されていたからでしょうね。

戻ってこなかったリスはカラスに襲われたのではないかと言われています。
by tama.3photo | 2013-12-18 21:52 | 生き物
井の頭のニホンリス・1
d0024291_23261063.jpg

かわいいニホンリス、どこいるのか探すのも楽しいですね。

大きなゲージに放し飼いの状態で展示している小さな動物園の中のリス園、いつ見ても癒されます。

by tama.3photo | 2013-12-17 23:30 | 生き物