カテゴリ:未分類( 26 )
魔法の杖
d0024291_010496.jpg

魔法の杖はなんでも叶えてくれるのでしょうか?

ならば叶えて欲しいものが一つあるのですが・・・。





USJへ行くけれどお土産はなにがいいかとの答えは病気を治してくれる魔法の杖!

そんな都合のいいものあるわけないじゃんと言いながらも買ってきてくれました。

ハリーポッターは今夏開業したばかり、大変な賑わいのようです。
by tama.3photo | 2014-08-23 00:00
頭上を飛ぶ軍用機
d0024291_23432931.jpg

頭上を低く飛ぶ航空機、形からすると軍用機のようです。




d0024291_23423768.jpg

自衛隊機なのか、アメリカ軍なのか、機体には窓もないので輸送機なのでしょう。




d0024291_23435381.jpg

PCで拡大、機首にはエアフォースと書かれているのでアメリカ軍機ですね。




d0024291_23425891.jpg

尾翼には星条旗とマグワイアと書いてあります。





先日公式訪問した大統領専用機はエアフォースワン、どういう意味があるのでしょうね。

調べたらエアフォースは空軍という意味だそう。

Air Force Oneはアメリカ大統領が搭乗した際にアメリカ空軍機 が使用するコールサイン。

大統領専用機であっても大統領が搭乗していない時はコールサインは使わないのだそうです。

専用機でなくとも大統領が搭乗した機体はすべてAir Force Oneのコールサインなんですって!

マグワイアとは所属するニュージャージー州の空軍基地のようですが確信は持てません。

勉強になりました。
by tama.3photo | 2014-04-27 23:45
バースディに思うこと
d0024291_2211723.jpg

いくつになったのかは・・・、いいとして・・・、かなりいい年になりました。

いくつになってもケーキを買ってもらえることがうれしいですね。





私の誕生日の前日、11日は色々と歴史的なことばかりでした。

東日本大震災が起きて2年半。

尖閣諸島を国有化して1年。

同時多発テロから12年。

我が家にオカメインコが迷子で飛んで来た日、うちの子になってから18年。 ( これは歴史的ではないですね )

11日が明けた12日は何にも関係ないけれど、うん十年前に私が産まれた日。

でも12年前の朝ビックリしたんですよ!

だってアメリカの11日は日本の12日、時差があり日本の朝は同時多発テロの報道で世の中が騒然!

アメリカの式典の報道はいつも私の誕生日、ずっと縁の切れない日となってしまいました。

それまでも紛争は数々あったけれど、あれから人々の考えが少し変わってしまったように感じます。
by tama.3photo | 2013-09-12 22:42
使い込まれた腕時計
d0024291_10322085.jpg

電車内で感じたこと、

時計は落ち着いた大人のアイテム?

腕時計をしている男性は30歳を境に上の年代ばかりと気づく。

持っていない人を探すのが難しいくらい。

学生や若いサラリーマンの腕には見当たらない。

携帯と共に育った世代は携帯で時間を確認。

そして携帯でなにもかもが済んでしまう時代。

メール・インターネットはもちろん、目覚ましだって、音楽だって、

改札だって、コンビニだって、携帯があれば事足りてしまう。

少し上の世代は便利がゆえの危うさに、今ひとつ携帯を信じきれないのか。

携帯の進化の速さに追いついていけないのもあり?

もちろん、私もです。

by tama.3photo | 2008-12-07 10:28
またね!
d0024291_20392560.jpg

今年も大活躍、紙を編んだ帽子。

6回夏を越してもまだまだ元気、来年もよろしくね。

by tama.3photo | 2008-09-07 20:38
もらった人?あげた人?
昨日は母の日でしたね
あなたはもらった人?あげた人?両方の人?
d0024291_14432974.jpg

いったいどのくらいのカーネーションがこの日のために出荷されたのでしょう
想像も出来ないくらいですね
d0024291_144404.jpg

さて、うちでは私も母も「欲しいものないよ」といつも言っているので花束でした
d0024291_14443121.jpg


この花を撮ったものは
by tama.3photo | 2006-05-15 15:07
胡蝶蘭
d0024291_7342424.jpg

退院したり病室に入らないお見舞いの花はロビーなどに飾られる。
特別病棟ロビーの大きな胡蝶蘭はしばらく置かれていたがまだまだ元気。
幅が両腕を広げたほどもあり、4色咲分けの花の付いた枝が15本、1本には花が20個から30個、1個の花は見慣れたものの2倍もある。
よっぽど有名な人が入院してるのね、ここまで大きいのは見たことがない、と誰もが言う。
そして下世話な私たちは値段を想像してみる。
あんな立派な胡蝶蘭は二度と見られないと入れ替わり見に行く場違いな私たちでした。

ここだけの話、この前まで入院していたサッカーの○ーコ監督だったかも?
by tama.3photo | 2006-04-27 07:34
カロライナジャスミン
d0024291_1344933.jpg

入院する日の朝、窓際に一輪だけ咲いたのを見て撮った花。
今ごろは花も散って葉っぱばかりになっているのかな。
病棟から見えるのは街路樹の欅の淡い緑が段々濃くなっていく様子ばかり。
ニュースで見る花の話題は八重桜からツツジやチューリップに移っている。
今年は牡丹も藤もテレビで楽しむことにしよう


初めて携帯画像を添付してみたけど成功したかな?
by tama.3photo | 2006-04-25 13:04
否定形はタブー
先日入院したおばあちゃん、まだ21時だが蛍光灯が眩しいらしい。
この電器はこのままなんですか?と聞かれ、いいえ10時にならなければ消えませんよ!と答えて気付く。

看護士さんなら、大丈夫ですよ、10時になれば消しますからね、と答えるだろう。
看護士さんの話し方を聞いていると決して否定する言葉はでない。
私の言い方では、10時までガマンしないと聞こえるかも。

今日も看護士さんが患者を励ましている。
すごい、ずいぶん歩けましたね、明日はあそこまでね。
誉めて育てると言う言葉を思い出すが、私だって誉められれば木にだって天にだって昇っちゃうかもね。
by tama.3photo | 2006-04-24 09:35
クッキリ富士山
この季節には珍しい二日続きの富士。
昨日は午後から雲がちぎれ富士の雪が陽を受けキラキラ輝いていた。
夕暮れはグラデーションに染まる空をバックに富士の黒いシルエット。
時間と共に黒さを増す富士を眺めていた。
今朝は雲ひとつない青空にまっ白な富士。
ここにいると冬期の半分は見えていた富士も思いがけず久しぶりに拝めればうれしいもの。
病棟は誰彼なく富士山がきれいよと声を掛け合っている。
自分だけで楽しむのはもったいないものね。
by tama.3photo | 2006-04-22 07:53