<< 霊園に暮らす路上ねこ 色づく葉のコントラスト >>
晩秋に咲き誇るダリア
d0024291_21203786.jpg

中南米原産の大きな大きなダリア、名前は皇帝ダリア ( 木立ダリア )。




d0024291_2121196.jpg

11月になると咲き始め、霜が降りて地上部が枯れるまで咲き続けます。

中南米原産なので寒い地方は温室でなくちゃ無理かな?




d0024291_2121697.jpg

高くて手の届かない花ですが、花の大きさは15cmほどかな?




d0024291_2121258.jpg

花の少ない季節、蜜蜂たちも蜜を求めて必死なのでしょう。




d0024291_212133100.jpg

ダリアの下に立てば見上げるような高さ、ダリアを撮る女性と比較すれば高さが分かるかな?

4~5mはあるでしょうか、2階の窓から手を伸ばせば届くくらいの高さですね。





皇帝と呼ばれるのは大きさから来ているようです。

木立ダリアと呼ばれるのは茎が木のように固くなるから、切ると竹のように空洞になっています。

育てるのは難しくないとは聞くけれど・・・、日当たりの良い広い庭が必要ですよね。

そんな条件をクリアするお宅ってそうそうはないと思うのです。

私の家は普通のダリアも向かないので初っ端から考えてもいません。

公園で見るのが一番ね!





皇帝ダリアがまだ小さくて支柱の竿ばかりが目立った頃の画像がありました。

2012.10.02 < モンキチョウとダリア > もどうぞ
by tama.3photo | 2012-11-28 22:02 | 小金井公園
<< 霊園に暮らす路上ねこ 色づく葉のコントラスト >>